1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 木版印刷の「竹笹堂」から、あなたの為に職人が一本一本作り上げるオーダーメイド京うちわ

木版印刷の「竹笹堂」から、あなたの為に職人が一本一本作り上げるオーダーメイド京うちわ

  • 2016.7.7
  • 1635 views

日本の文化に寄り添う印刷技術であるを行っている「竹笹堂」。古くから代々受け継がれている技術をさらに多くの人に親しんでもらうべく、伝統技術を取り入れた現代風の絵柄を使った雑貨なども多数展開。そんな「竹笹堂」が展開しているオーダーメイドのうちわは、職人たちのこだわりがぎっしり。これからの季節を粋にすごせる特別な一本を見つけてみませんか。

歴史のある木版画を提案し続ける「竹笹堂」

出典:

https://www.instagram.com/p/BFF1D7iRq7O/

undefined
「木版印刷をもっと楽しくおもしろくみなさんに親しんでもらいたい。」そんな思いで職人たちはこの木版画を使った商品を提案する「竹笹堂」をはじめました。

出典:http://takezasado.com

1200年もの歴史がある木版技術を受け継ぐ「竹笹堂」。世界最古の印刷技術といわれる木版画は、以前は本や新聞、包み紙などがすべて木版画で作られていて、暮らしの中に息づくものだったのだそうです。「竹笹堂」では、昔ながらの木版画や浮世絵などはもちろん、現代風に親しみのあるオリジナル製品を展開しています。

職人の技術が集結した「竹笹堂」の木版画

出典:

http://takezasado.com/?mode=f5

undefined

「竹笹堂」のプロダクト制作は、まず手描きのデザインからスタートします。人の手でしか表現できない、あたたかみのあるタッチで原画を作成していきます。その後、手作業で原画に使われている色の数だけ版木を削りだします。最後に絵の具を乗せて摺っていくのですが、その時に使う絵の具はなんと、職人の目と感覚で色の調合を決め再現していくのだそう。

このように、一つの作品ができるまでに細かな段階を踏み、それぞれの職人による技術が集まって作られているのです。

職人の手により一点一点作り上げるオーダーメイド京うちわ

「竹笹堂」では、あなただけのうちわを作れるオーダーメイドのサービスも行っています。「竹笹堂」で作られた木版印刷の作品を、江戸時代から続く京うちわの老舗「阿以波」で、一本一本手作業で制作。しっとりと手に馴染む使い心地、そして扇ぐたびに楽しめる色柄が施された特別な一本です。

朝顔つなぎ

出典:

http://takezasado.com/?pid=57509707

undefined

朝顔とゆらゆらと波打つツタを一面に施したデザイン。白のベースに紺の色合わせが爽やかで、縁側で涼む風景が透けて見えるような夏らしい一本です。

5,400円(税込)

ダンデライオン

出典:

http://takezasado.com/?pid=57513152

undefined

大きく葉っぱを広げ、イキイキと天を仰ぐたんぽぽをイメージ。レトロな雰囲気が可愛らしく、明るくきれいな色合いが夏の日差しに映えそうです。

5,400円(税込)

キッチン

出典:

http://takezasado.com/?pid=57522824

undefined

お料理好きなあなたにオススメなこちらのうちわ。一面にリズミカルに散りばめられたキッチングッズが楽しげな雰囲気です。レトロ調のうちわが多いなかポップなデザインです。

5,400円(税込)

北斎漫画象

出典:

http://takezasado.com/?pid=75996839

undefined

葛飾北斎が記した、江戸の日常や花鳥風月のワンシーンを描いた「北斎漫画」をピックアップしたシリーズ。こちらはその中から象の絵を切り取り、「竹笹堂」オリジナルのポップでモダンなデザインにアレンジしています。新しい雰囲気の北斎デザイン、個人的に手に入れたい一本です。

5,400円(税込)

出典:

https://www.facebook.com/takezasado/photos/a.165412310188461.41547.134421923287500/841692195893799/

undefined

元々は宮中で使われていた「御所うちわ」がルーツといわれる京うちわ。あおいで涼を叶えるのは手にしっとりと馴染む感触から。涼しげな木版柄からは見て涼、そしてほのかに香り付けされたうちわから香りで涼を感じる穏やかな風が届く、粋なこだわりが満載。

スタッフの方のおすすめは、専用のうちわ立てを使えば夏が終えてもインテリアとしてお部屋に飾れて一年と通して楽しめるとのこと。

昔から日本の文化に寄り添ううちわ。普段使うものだからこそ、こだわった特別な一本を手に入れてみてはいかがでしょうか。

元記事を読む