1. トップ
  2. スキンケア
  3. お風呂上がり、頭にタオルを巻く=細菌の巣窟!頭皮ダメージ行為TOP3

お風呂上がり、頭にタオルを巻く=細菌の巣窟!頭皮ダメージ行為TOP3

  • 2016.6.30
  • 16450 views

頭皮にダメージ大の危険行為TOP3

【1】爪を立てて頭を洗う

一日の汚れをオフするために、シャンプー時、爪を立ててゴシゴシ洗いたくなるもの。頭皮にかゆみを感じていたらなおのことです。しかし、この爪立ては頭皮にとってダメージ最大!
傷めるだけでなく、フケや頭皮の乾燥を招きかねません。ダメージを受けた頭皮が汗をかいたり、紫外線を浴びることで、さらにかゆみを引き起こしたり、赤みやブツブツなどの肌トラブルも。シャンプーをするとき、美容室でやってもらうように指の腹で頭皮をマッサージする要領で行うのがマストです。

【2】オーバードライ

よく美容師さんが「根元から乾かして」と言いますが、同じ場所を乾かしすぎるのはオーバードライになってしまいます。自分でドライヤーを持っていると、いつも同じポジションから温風をあてていませんか?
スキンケアと同じで、同じ場所にばかり風をあてるとその箇所だけ水分が不足しがちに。「耳の後ろだけかゆみが…」「右の頭上だけいつも違和感」なんて場合、いつもドライヤーをあてている箇所かも。全体にまんべんなく風をあてて、一部に偏り過ぎないように注意!

【3】バスタオル巻き

お風呂上がり、よくする格好のはず。しかし、このスタイルの時間が長ければ長いほど、頭皮環境は悪化すると思って正解です。と言うのも、バスタオルは湿っている状態。つまり、細菌が増殖しやすく、1時間も同じスタイルでいれば、頭皮も最近の巣窟に…ッ! 「寝る前に乾かして寝ればOKでしょ」という考えなら大間違いです。一刻も早く頭皮を乾かして、バスタオルスタイルを卒業するのが大切。

意外と日常的にしてしまいがちな3つのワースト行為。もし「私、やってるかも…」と思ったら、早速今夜からやめましょう。スキンケアと同じように、頭皮にも気を遣うことがヘアケアの基本です。だって、顔を爪で引っかいたり、ドライヤーの風をあてすぎたり、湿ったタオルを巻いたりなんてしないでしょ?

【取材】
※佐藤優 hair and make salon SARARI店長