1. トップ
  2. ファッション
  3. 髙橋大輔の舞い、再び!官能ダンスからランニングマンまで披露

髙橋大輔の舞い、再び!官能ダンスからランニングマンまで披露

  • 2016.6.30
  • 658 views

6月30日、東京・東急シアターオーブにて開幕する『木下グループpresents LOVE ON THE FLOOR』のプレスコールが行われ、世界のトップスケーターとともに、髙橋大輔さんが華麗なステップを披露しました。

「LOVE ON THE FLOOR」は、米国の超人気ダンサー シェリル・バークさんが構成と主演を務め、オリンピック金メダリストのメリル・デイヴィスさん、チャーリー・ホワイトさん、クリスティ・ヤマグチさんら世界のトップスケーター達が、氷上の舞を舞台へ移し、夢の競演を果たします。セリフはなく「ロマンス」「情熱」「痛み」「パワー」といった“愛”という感情の持つさまざまな面をテーマに、並外れた運動神経を誇るフィギュアスケーターが一流のダンサーたちと、卓抜したダンスの技術を通じて表現する、世界で初のダンスショーです。しかもゲストダンサーとして、日本が誇るトップフィギュアスケーターの髙橋大輔さんが初めて舞台に立つことでも注目の公演です。

プレスコールでは、本公演の中からメインダンスとなる4幕「POWER」から、シーン18、シーン20 、シーン22“Rise”の3曲が披露されました。

4幕のオープニングを飾る、シーン18「攻撃」(曲:「FLAMENCO REMIX」)

フラメンコのリズムにのり、髙橋さんとシェリルの情熱的なダンスの後、背景が炎に代わりシェリルとダンサー4人の官能的なダンスへ。

シーン20「CLOSING NARRATION」(曲:「HOME TOWN GLORY」)

髙橋さんのモノローグ映像をバックに情感を込めたダンス。髙橋ワールド全開のこのナンバーは見逃せません。

シーン22「鏡に映る自分」(曲:RISE BY JOHN DREAMER)

4幕のラストを飾り、13名の全キャストが勢ぞろいするナンバー。鏡パネルが効果的に使われているので、圧巻のステージです。

髙橋さんのランニングマンも登場する本ステージ。登場した時は少し緊張気味の髙橋さんでしたが、ダンスは「さすが!」のひとこと。氷上から劇場というステージに変わっても、髙橋ワールドは健在でした。

木下グループ presents 「LOVE ON THE FLOOR」詳細
2016年6月30日(木)~7月9日(土)東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
主催:木下グループ/TBS/IMG/USM/DISK GARAGE
公式ホームページ:http://www.loveonthefloor.com
後援:BS-TBS/TBSラジオ

髙橋さんのステージでの舞。かなり気になりますよね。舞台は“生もの”です。是非、生の迫力を味わってみてはいかがでしょうか? 渋谷の東急シアターオーブにて9日までの上演です。(平山正子)