1. トップ
  2. レシピ
  3. 作り置き甘酢でいつでも簡単! おうちで「冷麺」

作り置き甘酢でいつでも簡単! おうちで「冷麺」

  • 2016.6.29
  • 13490 views

つるつる、ひんやり、冷たい麺料理が美味しいこの季節。

蕎麦にそうめん、冷やし中華… のループに飽きてしまったら、焼肉屋さんのアノ味をレパートリーに加えてみませんか?

冷麺の味の決め手となる甘酢は、作っておけばいろいろな料理に使える万能調味料。

夏場は特に出番も多いので、多めに作り置いておくと良いですね。

あとはお好みで、キムチや焼豚を用意して。

さっぱりとした辛みと、ぷるぷるんっとした独特の喉越しがたまりません!

冷麺

調理時間 25分 1人分314 Kcal

レシピ制作:E・レシピ

<材料 4人分>

冷麺 4玉

キュウリ 1/2~1本

焼豚 8~12枚

ゆで卵(半熟) 2個

白菜キムチ 60~80g

白ゴマ 小さじ2

<合わせダレ>

作り置き甘酢 大さじ4~5

砂糖 大さじ1

しょうゆ 大さじ5~6

だし汁 大さじ3~4

ゴマ油 大さじ1.5

ラー油(お好みで) 適量

(※)作り置き甘酢の作り方は「こちら」をご参照ください。

<下準備>

・冷麺はほぐして長い場合は切っておく。

・キュウリは端を切り落として、水洗いし斜め薄切りにする。

・焼豚が塊の場合は食べやすい大きさに切る。

・<合わせタレ>の材料を混ぜ合わせる。

<作り方>

1、たっぷりの煮立った熱湯に麺を入れ、菜ばしで混ぜながら、袋の指定時間ゆでる。ザルに上げて流水で洗い、氷水に放って冷たくしめ、水気を切る。

2、器に麺を盛り分け、キュウリ、焼豚、半熟卵、キムチをのせ、白ゴマを振り掛け、<合わせタレ>を掛ける。お好みでラー油を掛ける。

日本を代表する盛岡冷麺と、本場・韓国で食べる冷麺の麺、どこかちょっと違いますよね。平壌などの冷麺はそば粉入りなのに比べて、盛岡冷麺はジャガイモのでんぷん中心なので、ぷるぷる透明感があるのだそうです。

(フジノアサコ)