1. トップ
  2. ダイエット
  3. 1分で肩こり・首の痛みを解消!前屈でしなやかな身体に

1分で肩こり・首の痛みを解消!前屈でしなやかな身体に

  • 2016.6.28
  • 12963 views

身体の柔軟性を表す目安によく使われる前屈運動。「身体が硬くて手が床につかない!」なんて方も多いのでは?

前屈運動は、身体にさまざまな嬉しい効果をもたらします。腰・背中・首のストレッチや痛みの緩和、足の裏面のストレッチに効果が期待でき、腕を利用しながら前屈をすることで肩周りの筋肉を緩めて肩こりの緩和をしてくれるんです。

今回は自宅や職場で、どこでも簡単にマットなしで行える前屈をご紹介します。

■1分で肩こり・首の痛みを解消!しなやかな身体を作る前屈運動

STEP1 前屈

足を腰幅に開いて、背骨の下の方から折りたたむようにして前屈をして、頭のてっぺんを床の方向に向けて顔と足を近づけます。

尾骨は天井方向に引き上げながら膝裏をしっかり伸ばします。

膝裏を伸ばすのが難しい方は、はじめは膝を曲げて行ってもOKです! 少しずつ伸ばせるようにしていきましょう。

また、両手が床に着かなくてもOK。回数を重ねるごとに少しずつ近づくようになりますよ。

十分に背面が伸びたのを感じたら、背骨を下の方からロールアップして頭が最後になるように起きあがってきます。

STEP2 腕の重さを使って二の腕の内側をストレッチ!

前屈をして両肘を抱え、脇の下にスペースを作るようにして肘を床の方向に向けます。

STEP3 さらに肩甲骨まわりを伸ばしてみましょう!

両手を身体の後ろ側で組んで、STEP1同様に前屈をします。そこから少しずつ両腕を頭の方向に伸ばしてゆっくりと呼吸します。

息を吐く毎に少しずつ両手が頭の方向に近づいていくようにイメージして行いましょう。

STEP4 同時に足の背面も伸ばしてみましょう!

(1)両膝を軽く曲げて立ち、親指を外側に向けて親指以外の4本の指をかかと下にしまいます。

(2)ゆっくりと膝を伸ばして顔と膝を近づけていきます。足がプルプルしない少し手前くらいの感覚で、気持ちよく背面と足の裏面が伸びているなと感じるところでゆっくり呼吸をします。

(3)十分にストレッチされたのを感じたら、膝をゆるめて片手ずつ足の下から解放して起きあがっていきます。

いかがでしたか? 毎日1分を目安に少しずつ膝裏を伸ばす意識をしたり、少しずつ手を身体から遠ざけるようにすることで確実に身体に変化が現れるので、是非チャレンジしてみてくださいね!

(伊藤 恵里)