1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男子が思わず震えあがる……心臓に悪い女子の禁断フレーズ4選

男子が思わず震えあがる……心臓に悪い女子の禁断フレーズ4選

  • 2016.6.28
  • 3154 views

何気なく彼に言った言葉が、彼の心臓を締め付けていたら……彼はいずれ耐えられなくなって、あなたの元から去って行ってしまうかもしれません。もし彼にこんな言葉をかけているなら、彼を苦しめている可能性大ですよ!

1: 「仕事と私どっちが大事なの?」

最近は結婚後「主夫」になる男性も増えましたが、「共働き」または、男性が仕事をして女性が結婚後「主婦」になることが多いですよね。「仕事を辞めて専業主婦になりたい!」と、やや動機が不純な結婚願望を抱いている女性もいるでしょう。

でも男性の多くは、一生仕事をしなければいけないという人も。そういう人にとって「仕事と私どっちが大事なの?」という彼女からの質問は愚問に近いです。正直、彼女を失っても生活はできます。でも仕事を失ったら生活ができなくなります。

ただ「仕事だよ」と素直に答えれば彼女に責められるから、「お前も大事だけど、仕事も大事なんだ」と答えるしかないんです。

2: 「浮気してるでしょ?」

浮気しているときに「浮気しているでしょ?」ときかれたら心臓が凍ります。一気に寿命が縮みます……。もちろん浮気していた自分が悪いけど、なるべくならダイレクトにきかないでほしいんです……。

ただ、一切浮気してないのに「浮気しているでしょ?」と疑われたら「はぁ?」とイライラしてしまいます。証拠もないのになんでそんなこときくんだろう? とあなたに対する信頼が低くなります。男性的には、連絡頻度が減った、会う回数が減っただけで、浮気を疑わないでほしいんです。

3: 「いつ結婚するの?」

長年付き合った彼女に「いつ結婚するの?」ときかれるのはまだわかりますが、付き合って数か月の彼女に「いつ結婚するの?」ときかれるのは心臓に悪いのです。

付き合って数か月じゃ、相手の内面もまだあまりわかっていません。男性自身に養っていける自信がないと、なかなか結婚に踏み切れないのです。まだ結婚を考えてないときに、彼女から会うたび呪文のように結婚の話を繰り返されたら逃げたくなります……。

4: 「妊娠したかもしれない」

彼女と真剣に付き合っている場合「妊娠したかもしれない」という報告は嬉しいもの。男性側も結婚を考えます。けどつなぎで付き合った彼女やセフレに「妊娠したかもしれない」と言われたら、一瞬頭が真っ白になります……。

「一回、ちゃんと検査しようか?」と言ってくれるならまだいいです。なかには「本当に俺の子かよ? ほかの男の子だろ?」というヒドい男性もいますよ。

男性にとって、本命彼女以外からの「妊娠したかもしれない」は震えあがる言葉です。

おわりに

何気なく彼に言っている言葉が、もしかしたら彼の心臓を締め付けている可能性もあります。あまり多用すると彼も耐え切れなくなって、逃げちゃうかもしれないので気をつけましょうね。