1. トップ
  2. グルメ
  3. 「ダリ展」開催記念ランチコース - ダリの好物の帆立やオマールなどを使った独創的な一皿

「ダリ展」開催記念ランチコース - ダリの好物の帆立やオマールなどを使った独創的な一皿

  • 2016.6.28
  • 1585 views

京都市美術館「ダリ展」開催記念ランチコースが、ウェスティン都ホテル京都のレストラン「グランドビュー」にて2016年7月1日(金)から9月4日(日)まで提供される。

20世紀美術を代表する画家サルバドール・ダリ。 彼は美術の巨匠としてだけでなく、食通としても知られる。その食事へのこだわりは、子供の頃に料理家を目指し、さらに、料理本も執筆するほどであった。

今回のランチコースは、そんなダリが好んで食したオマールや帆立といった食品を使い、彼が創作活動を行ったスペインやフランス、アメリカなどの国の料理の要素を織り込んだ。

メニューは料理はダリの作品からインスピレーションを受けている。国産牛サーロインを使ったメインは、柔らかなお肉の味わいはもちろん、添えられたサラダのグリーンとお肉の赤が鮮やかなコントラストを生んだ美しい一皿。デザートのマスカルポーネのムースには、作品中にも登場する卵のモチーフが用いられ、黒いお皿に浮き上がるよなラズベリーの濃厚な色あいは、ダリの奇妙な魅力をもった作品を見事に表現している。

【詳細】
京都市美術館「ダリ展」開催記念ランチコース
期間:2016年7月1日(金)~9月4日(日)
料金:4,500円/チケット付 5,400円 (税・サービス料込)
※「ダリ展」のチケット半券を提示で通常価格より600円引き
■メニュー
・サーモンの小さなリエット仕立てと薫香をまとわせたオマールの低温コンフィ
上賀茂トマトのセミドライとスペイン産オリーブの香り
・帆立のソテーと京都産小蕉のブイヨンスープ仕立て
・国産牛サーロインのロースト サラダ添え 香草バターと黒胡椒風味のソース
・マスカルポーネのムース 3種のベリーソルベとフルーツを添えて
・コーヒー または 紅茶