1. トップ
  2. ファッション
  3. ストリートスタイルのカリスマ、ペニーレ・タイスベックに学ぶ、クリーンモードなフェススタイル。

ストリートスタイルのカリスマ、ペニーレ・タイスベックに学ぶ、クリーンモードなフェススタイル。

  • 2016.6.28
  • 1217 views

その上品でスタイリッシュな着こなしで、ストリートスタイルのカリスマとして君臨する、デンマーク出身のペニーレ・タイスベック。彼女が切りっぱなしのジーンズにバンドTという着こなしでフェスに参戦するのは想像し難い。このあいだペニーレと会話をした時は、ちょうど彼女がミラノに向かう途中で、「ゴーシャ・ラブチンスキー」のTシャツとビッグサイズの「アクネ」のホワイトパンツを合わせ、ローファーをアクセントにしていて、そのファッションは“フェス初心者コーディネート”とは正反対だった。(彼女の部屋のクローゼットには、ビーズ玉とフリンジでデコレーションされたモカシンは一足も紛れていないって、賭けてもいい!)

そんなモードスターの彼女がコーチェラに行くと聞き、そのパッキングリストに興味が沸いた。カリフォルニアのボヘミアンスタイルとは真逆の彼女は、フェスでどのような着こなしをするのだろう?
「ガンズ・アンド・ローゼズがコーチェラに出演するって聞いた時、私の中にある全くロックでない部分が目を覚ましたの」とタイスベックは言う。「初めて参加するコーチェラでスラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト)に会えるなんて、興奮するに決まってるわ!」

「でも、いくらデンマークより暖かいとはいえ、天気がコロコロ変わりやすいから、持っていくアイテムを選ぶのは難しいわ」とタイスベックは付け足す。「たくさんのフリンジやアーストーン、ギンガムチェックやデニムのような、LAのボヘミアンチックなアイテムが頭の中に浮かんだけれど、あえてこれらをミニマルな北欧スタイルとミックスさせてみようと思ったの」

ここで、彼女のフェス行きパッキングリストの全貌が明らかに。

【さらに写真を見る】ストリートスタイルのカリスマ、ペニーレ・タイスベックに学ぶ、クリーンモードなフェススタイル。

■NO1: ボヘミアンテイストなタイダイ柄をモードに取り入れる。
「今シーズン流行のタイダイは、フェスにもピッタリ。アルチュザラのフェミニンシックなドレスには、レースアップのシューズを合わせておもしろさをプラスしたの。それから陽が落ちた時のお助けアイテムとして、カーディガンも忘れずに」
ドレス:アルチュザラ
バッグ:ルイ・ヴィトン
シューズ:プラダ
サングラス:アクネ ストゥディオズ

TEXT:MARJON CARLOS TRANSLATION:TIMMY

参照元:VOGUE GIRL