1. トップ
  2. 恋愛
  3. 30過ぎてもモテモテ! 年齢とともに身につけるべきもの5つ

30過ぎてもモテモテ! 年齢とともに身につけるべきもの5つ

  • 2016.6.28
  • 26763 views

若くて可愛い女性がチヤホヤされるのは当たり前。年齢を重ねるほどに、男性から興味を持たれなくなってきます。でも、その状況を黙って受け入れるべきではありません。大人には大人の魅力があります。

しかし、ただ無為に歳をとっては、事態は改善されません。魅力ある大人の女性になるためには、それ相応の努力も必要。まずはなにを身につけるべきか、知っておくべきでしょう。

今回は、女性が年齢を重ねるとともに身につけるべきものをご紹介します。

1:教養

若いころはただ可愛いだけで十分。多少おバカなぐらいが愛されていました。でも、年齢を重ねるとそれでは厳しい。教養のなさは、男性を呆れさせてしまいます。

いい年齢にもかかわらず、礼儀やマナーなどができていなければ、一緒に歩くのすら恥ずかしいと思われてしまうでしょう。最低限の一般常識は身につけておくべき。若さに甘えてさぼっていた人は、いますぐにでも行動を。

 

2:寛容さ

大人と若い女性の違い、それは心の余裕です。小さなことに目くじら立てたり、ジタバタしない寛容さに男性は惹かれます。そういった女性と一緒にいると、心が穏やかになり、安心できるのです。

もちろん心だけでなく、金銭面などの余裕も必要です。あらゆる余裕が、寛容さにつながってきます。

 

3:厳しさ

ただ優しいだけではダメ。ときに厳しく叱りつけたりすることも大事。厳しさもまた優しさです。厳格な姿勢に、男性は憧れを抱きます。

でも、厳しく接するのには説得力が必要です。地に足のついていない浮ついた人間に、なにを言われても響きません。人格者であるためにはやはり教養を身につけ、素行を正さなくてはなりません。

 

4:色気

若い女性のなかにも、まれに妙な色気を持ち合わせている人がいます。年齢の割にやけ落ち着いていて、ひとつひとつの所作が丁寧。かつ物腰が柔らかい。

生まれ持ったものかもしれませんが、後天的に身につけることも可能です。思ったことをなんでも口に出すのではなく、いったん飲み込んで言葉を選んだりすることで生まれる間などが、おしとやかな大人の女性を演出します。

 

5:影

若い女性にはなかなかないもの。それは影です。いわゆる悲壮感のようなもの。出そうと思って出せるものではありません。

いろいろな経験を経て、悲しみを乗り越えてきた女性に現れる憂い。男性は、そんな女性から漂う儚げな雰囲気に弱いです。後ろから抱きしめ、守ってあげたいと思います。なかなか醸し出せるものではありませんが、自在に操れるようになれば大きな武器となります。

 

若さに嫉妬する必要はありません。その年齢なりの魅力や美しさがあります。ただ、努力を怠って中身のない人間になるのだけは避けるべき。いろんなことに挑戦して、貪欲に吸収していきましょう。

(大木アンヌ/ライター)