1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋愛、仕事、人生のあらゆる悩みを解消する「私らしさ」

恋愛、仕事、人生のあらゆる悩みを解消する「私らしさ」

  • 2016.6.26
  • 12498 views

最近、よく見かける言葉、「私らしく」。

「私らしい起業」「私らしい働き方」「私らしい生き方」そんなキーワードを雑誌で見かけるし、コラムでも「私らしさを大切に」といった内容が増えたように思います。

かくいう私も、自分らしいファッションやメイクが大切だと日頃から発信しています。

私の発信する「私らしく」の定義は自分の持って生まれた個性を大切にすること。その個性にちゃんと合う見た目(ファッションコーディネートやメイク)を取り入れることで自然に垢抜けたり、綺麗になっていけるという内容なのですが、よそで見かける「私らしく」はその言葉だけが一人歩きしているように思います。

特にそれを感じるのが「私らしくいられなくて辛い」というようなネガティヴな内容。

この主張をする方に「あなた“らしい”ってどんな姿ですか?」と聞くと、具体的な言葉が返ってこないのです。

「私らしくいられない」の原因は親や周りが望む姿と本来の自分とのギャップや、言いたいことをはっきり言えない歯がゆさにあるようです。

「ノー」を伝える、好かれようとしない生き方

自分を好きになれない人に向けた心理カウンセリングや本など見ると、だいたいは最初の段階でこの言葉が出てきます。

『自分の心の声に素直になり、ちゃんと意思表示をすること。嫌われることを恐れない。大丈夫、案外嫌われないから』そういう励ましが必要なほど、溜め込んでしまう人が多い世の中なんですね。

自分の気持ちを押し込めると息苦しさを感じてしまうので、周りを気にしてしまう人にとって、「私らしく」生きる入口はノーをノーと主張したり、自分の気持ちに素直になる事からですね。

 

「らしく」は自分と向き合って見つけるもの

自分の長所や短所、何が好きで何がイヤでどんな事に惹かれ、どんな事に居心地の良さを感じるのか。人生において自分の幸福がなんなのか。

そういった自問自答を繰り返して見つかるものです。

そのためには色んな挑戦と失敗も時に必要です。興味があると思ったものに挑戦したけれど、実は思っていたほど入れ込めなかったり、イメージしていたものと違う事を知る、その過程もまた自分との向き合いなのです。

 

「私らしさ」を実現したいと多くの女性が望んでいます。

その根底には窮屈さや生き苦しさから逃れたいという思いや、自分の人生をより充実させたいという希望があります。

一方でSNSなどを見ると、極端な事をして、その姿を発信して「これが私らしい姿です!」と主張したがる人も見かけます。

「私らしさ」とは誰かと比べたり、過度に分かりやすい形を作って周りに誇示するものでなく、息をするように自然に辿り着く形です。

自分の考えや価値観、見た目、行動全てが一致して、「周りから見た自分」と「自分の認識する自分」がイコールで結びついて実現できます。

揺るがない自分の軸が見つかるといいですね。

ますますの綺麗を応援しています♪

(三村愛/ライター)