1. トップ
  2. スキンケア
  3. あなたは出来てる?肌のキメをふっくら整える正しい保湿ケア方法って?

あなたは出来てる?肌のキメをふっくら整える正しい保湿ケア方法って?

  • 2016.6.26
  • 12222 views

保湿の前に正しい洗顔を

お肌に汚れが残っている状態で保湿ケアを行ったとしても浸透が悪く、例え高価な化粧水を使ってもしっかりと効果を得ることができません。

お肌にしっかりと化粧水を浸透させるためには、正しいクレンジングと洗顔がカギ!
1本でクレンジングも洗顔も済ませられるものもありますが、最近のメイク用品はお化粧崩れがしにくいものも多く落ちにくいため、出来ればW洗顔がおすすめ。

洗顔のポイントは、たっぷりの泡で包み込むように優しく洗い、ぬるま湯で洗い流します。パシャパシャと叩くことはNG!優しく丁寧に、すすぎ残しがないようにしっかりすすぎます。

角質層に保湿成分を届けよう

お肌が清潔になったら、すぐに化粧水をつけましょう。
この間があいてしまうとお肌の水分が蒸発してしまうので、洗顔後即!つけることがお肌のキメをふっくら整えるためにも大切なポイントです。

大切なのは、お肌の表面の下にある角質層にしっかりと水分を届けること。
表面をパシャパシャするのではなく、お肌全体に馴染ませて、後はしっかりと手のひらで押し込むように温めながらプレスしましょう。

この化粧水のハンドプレスを2~3回行うことでお肌の角質層にまで水分がいきわたり、キメをふっくら整えることが出来ちゃいます☆

乳液で潤いを閉じ込めて!

水分をしっかり内部まで浸透させたら、逃さないよう蓋をします。
乳液やクリームなど油分を含むものを付けることで、お肌の水分が蒸発するのを防ぎます。

ベタベタするのが気になる場合は、この乳液をさらっとしたテクスチャーのものにしてもOKです。
特に皮脂が多い鼻周りのTゾーンは少なめに、乾燥しやすい目の周りや口元には大目に付けるとよいでしょう。このときも、優しく温めながら押さえるように浸透させてくださいね。

最後にお肌に手のひらが吸い付く感じになれば、しっかりと保湿が出来ているサインです♪

毎日行うスキンケア。少し意識を変えて正しい保湿ケアをおこない、ふっくらキメ細かなツヤツヤ美肌を手に入れちゃいましょう♪