1. トップ
  2. グルメ
  3. 夏の肉食女子は臭う!?ニオイの原因と予防フード2つ

夏の肉食女子は臭う!?ニオイの原因と予防フード2つ

  • 2016.6.25
  • 17676 views

恋に積極的な女性をあらわす「肉食女子」という言葉が流行し、最近では肉を食べるのが好きな女性のことも肉食女子といったりもしますよね。肉は、身体に必要なタンパク質が豊富な食材です。でも食べ過ぎると体臭の原因になってしまうことはご存じですか? とくに身体が疲れやすい夏は、なおさら体臭の原因になりえるそうですよ。そこで今回は、ニオイの原因と予防できる食材を2つご紹介します。肉食女子のみなさんは、ぜひチェックしてくださいね!

■肉食が体臭の原因に!?その理由とは?

肉は、悪玉菌の大好物です。タンパク質の分解は、悪玉菌の仕事なのですが、この際にアンモニアなどのニオイ物質が発生します。ですから、肉ばかり食べていると腸内フローラが悪玉菌優勢になり、ニオイ物質が発生しやすい環境になってしまいます。

また、悪玉菌が優勢の腸内フローラでは、アンモニアなどの毒素や老廃物がスムーズに排出されず、腸壁から血液に取り込まれます。血液に取り込まれたアンモニアは、肝臓で分解されて無臭化されるのですが、五味クリニックの五味常明院長によれば、身体が疲れていると肝臓の機能が弱まり、アンモニアが体内に残って体臭の原因となるそうです。

夏は身体が疲れやすい季節ですから、夏の肉食は要注意ですね!

■肉と一緒に食べて!肝臓サポートになる食材2つ

(1)ブロッコリースプラウト

ブロッコリーの新芽に多く含まれるフィトケミカル「スルフォラファン」には、肝臓の解毒作用を高め、肝臓の機能を高めるとこがわかっています。肉を食べる時には、サラダにブロッコリースプラウトを加えるとよさそうです。

(2)本しめじ

アンモニアを肝臓で分解する際に欠かせない成分が「オルニチン」です。シジミに多く含まれることで有名ですが、本しめじには、シジミの約6倍ものオルニチンが含まれているのだそうです! 本しめじなら、お肉との相性もいいですから、肉の付け合せには本しめじを食べたいですね。

汗やニオイが気になるこれからの季節。過度の肉食やアルコールは避け、身体の内側からスメルケアをしましょう!

(岩田 麻奈未)