1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『NCIS』『グレアナ』キャストが同性愛者の社会運動をテーマにしたミニシリーズに出演!

『NCIS』『グレアナ』キャストが同性愛者の社会運動をテーマにしたミニシリーズに出演!

  • 2016.6.24
  • 682 views

昨年12月、映画『ミルク』や『マイ・プライベート・アイダホ』でメガホンを取ったガス・ヴァン・サント監督が、同性愛者の社会運動をテーマにした米ABCのミニシリーズ『When We Rise(原題)』を制作するとのニュースをお伝えした。この度、同シリーズに人気ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』や『グレイズ・アナトミー』のキャストが出演することが分かった。米Varietyが報じている。

undefined

20世紀にLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の権利のために戦った人々を描く本作に出演するのは、ポーリー・ペレット(『NCIS』)、T・R・ナイト(『グレイズ・アナトミー』)、ガイ・ピアース(『アイアンマン3』)、メアリー・ルイーズ・パーカー(『Weeds ~ママの秘密』)、ウーピー・ゴールドバーグ(『天使にラブ・ソングを...』)、ロージー・オドネル(『フォスター家の事情』)、レイチェル・グリフィス(『ブラザーズ&シスターズ』)など。

1969年にニューヨークで起きたストーンウォールの反乱から始まるシリーズで、ガイが演じるのは1972年にLGBTの権利活動に参加したクリーヴ・ジョーンズ。彼は、アメリカで初めて同性愛者であることを公言して選挙で選ばれた政治家、ハーヴェイ・ミルク(『ミルク』の主人公)の友人でもあった人物だ。そしてメアリーは女性権利活動家のリーダーで、女性の権利問題を扱う"ウーマンズ・ビルディング"を共同設立したローマ・ガイを、レイチェルは彼女の妻で同じく活動家のダイアンをそれぞれ演じる。

また、ウーピーはサンフランシスコの保健省で初めて同性愛者であることをカミングアウトしたパット・ノーマン役、ロージーは米国初のレズビアン団体を共同設立したデル・マーティン役に決定している。ポーリーとT・Rの役どころは、今のところ明らかになっていない。

自身も同性愛者であることを公言しているヴァン・サント監督は、2時間枠の最初のエピソードでメガホンを取っている。バンク―バーで撮影を終えたばかりの本シリーズは、米ABCにて2017年1月に放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ポーリー・ペレット
(C)Yuichi Hiroyama/www.HollywoodNewsWire.net