1. トップ
  2. スキンケア
  3. ホワイト・ベージュ・ピンク・パープル・パール入り・・・失敗しないハイライトの選び方

ホワイト・ベージュ・ピンク・パープル・パール入り・・・失敗しないハイライトの選び方

  • 2016.6.23
  • 7500 views

色味

①仕上がりイメージで選ぶ

しっかり立体的に見せたい→ホワイト

肌に自然になじませたい→ベージ

顔色を良く見せたい→ピンク

肌に透明感を出したい→パープル

が一般的な色の効果です。
自分の目指す仕上がりをイメージして、選んでみてはいかがですか?

②肌の色で選ぶ

日焼け肌さん→ベージュ

色白さん→パープル

がそれぞれ肌になじんで自然に見えます。
ナチュラルな仕上がりに見せたい人は、地肌の色で選びましょう。

質感

①お肌状況で選ぶ

毛穴の気になる人→マット

キメが細かい人→パール

毛穴を気にしている方がパールの入ったハイライトを選んだ場合、余計に目立ってしまうことをがるので注意が必要です。

②シーンに合わせて選ぶ

ビジネス・野外→マット

パーティー・室内→パール

ビジネスシーンではパール感はtoo muchに見えてしまう場合も。また、太陽の下でもテカリと同化してしまう恐れがあります。

一方華やかさが欲しいパーティーシーンや、レストランなど暗い室内では、パールがベター。

簡単な選び方は以上です。
最近では、上の写真のように複数色がマーブルされたハイライターをたくさんのブランドが出しているので、自分の条件すべてをミックスした神コスメが見つかる可能性も?!