1. トップ
  2. 恋愛
  3. 女子には意外かも! 男子が「本命の彼女選びで重視している」4つのポイント

女子には意外かも! 男子が「本命の彼女選びで重視している」4つのポイント

  • 2016.6.22
  • 59076 views

本当は「本命の彼女の座をゲットするには、どうすればいいのか」なんてことを考えることなく、なんとなく男女で出会って、なんとなく本命になって結婚してゆくというのが、一番いいことなんだろうと思います。

でもそうも言っていられない人のために、今回は、男子が本命の彼女選びで意外と重視している点についてお届けしたいと思います。

さっそく見ていきましょう!

1:趣味のことが第一?

「ぼくと趣味が合うかどうか、という点を一番重要視します」(25歳・広告)

たとえば、お酒を飲む男子は、一緒にお酒を楽しんでくれる女子を本命の彼女にしたいとか、そういうことですよね。

趣味を通してカップルでいろんな会話ができるというのは、将来にわたって安定した関係を築く基礎でしょうから、この男子はわりと賢明な判断をしていると言えるのではないかと思います。

 

2:身長差

「遊びの彼女ならモデルさんのような高身長であってもいいですが、結婚するとなると、どうしても身長差を考えてしまいます。ぼくが身長160センチだからでしょうか」(28歳・飲食)

こういう男子のご意見はマニアックなものなのか、普遍性があるのか、判断しかねますが、あまりに美しくて身長が高い女性と一緒にいると、どうしても落ち着かないから、そういう女性とは結婚を考えられないという男子の意見は、何回か聞いたことがあります。

 

3:母親に似ているかどうか

「どうしてもぼくの母親を大事にしてくれる女子を、本命にしたいなと思ってしまいます。母親と似ているところがあれば、大事にしてくれそうかなと思っています」(30歳・通信)

マザコン男子の発言というわけでもないでしょう。

結婚が「家族になること」である以上、既存の家族という仲間をどれだけ大切にしてくれる女子なのか? を、男子たちは口にしないまでも考えているように思います。

逆に、以下のようなご意見もあります。

 

4:母親といかに似ていないか

「ぼくは自分の母親のことがあまり好きではないので、母親と真逆の女子を本命の彼女にしたいと思っています。口うるさくなくて、過干渉ではない女子とつきあいたいのです」(28歳・建設)

良くも悪くも、男子にとって「母親」という基準は、本命の彼女選びにおいて外せないものなのかもしれません。

 

いかがでしたか?

結婚に積極的ではない男子だって、母親から生まれてきている以上、母親という基準を、本命の彼女選びに採用している傾向があるのでしょう。

ということは、どうしても意中の彼の本命の彼女になりたいとお考えの女子は、彼の母親がどんな人格の持ち主なのか、彼とよく話してみるといいかもしれません。

あまりに彼が若いと、「母親の話なんてどうでもいい」と言うかもしれませんが、男は歳を重ねるにつれ、母親の魔力を考えに入れないと生きていけなくなるみたいです。

男性作家(映画監督や小説家など)の中で、母親をテーマにした作品を作っている人がいかに多いかを思えば、そのへんのことがよくおわかりいただけるのではないかと思います。

(ひとみしょう/ライター)