1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「友達以上恋人未満」をいつまで続ける?本当の恋愛関係に発展するための方法

「友達以上恋人未満」をいつまで続ける?本当の恋愛関係に発展するための方法

  • 2016.6.22
  • 2880 views

友達以上恋人未満……。煮え切らない関係は、時にここちよいかもしれませんが、結婚を考える女子にとっては先行きの不安を感じるもの。

そんな”煮え切らない相手“に対する不安感はどのように解消すればいいのでしょうか。体の関係がありながらも、相手の本当の気持ちがわからないまま関係を続けていくことに、未来があるのかどうか。

今は友人関係だけど、今後ちゃんとした恋人同士になりたい相手とどう向き合うべきか考えさせられる恋愛相談が恋愛ユニバーシティに寄せられました。今回は、大学時代から20年近く友達関係を続けながら、体の関係をもったけれど、お付き合いする決定打がない相手についての相談をご紹介します。

【相談】一度は沈黙していたのにまた体の関係を持ってしまいました

彼は大学時代からの友人で、卒業後もお互いの家を行き来するような間柄でした。泊まっても体の関係がない状態が10年以上続いて、34歳の時、初めて体の関係を持ちました。その後しばらく友達関係は続きましたが、なんとなくその関係に疲れて2年近くわたしからほぼ音信不通に(彼からは変わらず連絡がありました)。

しかし、最近また会うようになって体の関係も復活。でも、相手から一向に「付き合いたい」、「好き」という言葉はありません。彼は結局わたしを体の関係も持てる便利な友達としか思っていないのでしょうか。今後、結婚も考えてちゃんと付き合いたいです。(30代後半・女性)

恋愛の悩みに感度の高い恋ユニユーザーから多くの支持を集めていた回答をまとめると次のようなものでした。

1.彼はどうして「グレーな関係」でいるのか

音信不通後にも、彼は連絡をとりつづけてきたのに、なぜ彼は自分の気持ちを伝えないのでしょうか。「男性にとって相手が自分を好きでいてくれるグレーな関係というのが一番楽なんですよね。責任を取らなくていいし、セックスもできるし、他の女性を物色していたとしても付き合っていないから罪悪感もない」という意見がありました。だから、相談者さんから返事がなかったとしても気にしなかったのかもしれません。もし、本気で相手のことが好きだったら、会おうという意思表示があるはずです。

男性はグレーを好む生き物だからこそ、このまま状況は変わらないようです。変えたいのならば、あなたからのアクションがまず必要になってくるのかもしれません。

2.相手の本心を見破る、一手とは?

もしお互いに20代なのであれば、しばらく時間を置いたり、気持ちとは真逆の対応で駆け引きをするのもありかもしれません。ですが、お互いに30代後半。相談者さんの年齢も考えると、はっきりさせた方がいいという意見が多数集まりました。

私たちの関係ってなに?体だけの関係?」と単刀直入に聞いて、相手の反応を観察するのも手のようです。ただし、ケンカの最中や気まずい空気の中で聞くのではなく、楽しく会話をしている所にふいに聞くのがポイントのようです。

もし、その時に相手が曖昧な態度をしてごまかすようだったら、今後もずっと曖昧な関係が続くというサインと捉えてもよさそうです。ふいに聞かれた時の対応は意外と本心がかいまみえるものです。

3.本命彼女になるために、一発逆転を狙うには

また、あなたが彼の本心がわからないのと同様に、彼もわかっていないかもしれない、という意見も同様に多数ありました。はっきり思っていることを言わないで察して、というのでは男性に伝わらないものです。

恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士のおすすめの映画「恋人たちの予感」では長年友だちだった男女が離れることでわき上がる恋愛感情を描いています。実は、お互いが「言わなくてもわかるだろう」と今の状況に甘えてしまっている可能性もありますね。

「後悔をしないためにも、自分の気持ちをごまかさず素直に相手にぶつけてみる」ことで、自分自身にも決着がつくのかもしれません。

今の関係から変化をしたいならば、思い悩んだりする時間がもったいないです。次の関係性へステップアップするには、自分の気持ちと相手の気持ちに真剣に向き合うことが大切なようです。

この記事は、相談者本人が特定されないため、記事の意図に影響のない範囲で内容を変えています。

参照:<友達以上恋人未満の相談>「体の関係がある友達と恋人同士になるには」

( Ranko/ 恋愛ユニバーシティ)

◇プロフィール

Ranko / 恋愛ユニバーシティ

WEBライター

フリーライター。恋愛、コスメ(特にオーガニック)、旅行、グルメ(特に肉とお酒)系の記事を執筆。 合コンするなら90%幹事。カップル成立に生き甲斐を感じています。現代版お見合いおばちゃん。