1. トップ
  2. グルメ
  3. 「大人女子」から「草食男子」を誘う「東京 ラーメングルメデート」

「大人女子」から「草食男子」を誘う「東京 ラーメングルメデート」

  • 2016.6.21
  • 4439 views

食べ物に淡白な草食男子を「ラーメンデート」に誘うのに最適な「男ラーメン」。今回は、「桂花」ラーメンを例に、「ラーメン グルメデートシナリオ」をお届けします。

 

サプライズの仕込み

草食君をサプライズさせるために、この時期なら、「苺大福」をデザート用に事前調達しておきましょう。新宿伊勢丹地下1階に、福岡が本店の「鈴懸」という和菓子屋さんがあり、そこの「苺大福」は、日経新聞の土曜版で1位に選ばれた逸品。1つ328円ですが、十分その価値あり、ですよ。もちろん、「ちょっと高級感のある和菓子」なら、どら焼きでもいいですね。

まずは、ビールで喉を潤して

さて、草食君と待ち合わせて、いきなり、ラーメンと言うよりは、やっぱり、軽く飲んで、「ほろ酔い気分」でラーメンを食べるのがおススメですね。ただ、事前に食べすぎないように気をつけて。あくまでも、アルコールと少々のつまみで、食欲を活性化させて、ラーメンを食べに行きましょう。東口のキリンシティあたりで、旨い生ビールを、さくっと飲んで行くのがおススメ。

男ラーメン:「桂花」

本番の男ラーメン。クセになる味です。

 

高層階夜景バー:オーロラ

「桂花」を出て、靖国通りで、タクシーを捕まえて、さくっと、京王プラザホテルへ行きましょう。

その45階に、目指すバー「オーロラ」があります。バーにしては珍しく、きちんと「分煙」されているのが、うれしいですね。そして、窓際のカップル席から、「東京タワー」と「スカイツリー」が同時に眺められるというこれ以上ないシュチュエーションです。

好みのカクテルをオーダーしたら、ここで、あなたが事前に調達しておいた、「苺大福」を。

「桂花」のターロー麺は、おいしいけれど、やはり、しょっぱい。そこで、サングリアなどの軽めのカクテルと、和菓子の優しい甘さと「あまおう」の上品な酸味。これは、鉄板のデザートです。窓際に二人並んで、目立たないので、「持ち込み」も多めに見てくれますよ。

 

草食男子を「肉食化」させるには

どうでしたか?

「草食男子」は、食べ物に淡白で、グルメデートなんて自分で企画することはないでしょう。そこへ、「大人女子」のあなたが、男子なら嫌いなはずがない「ラーメン」という食材の中でも、「男ラーメン=肉食系ラーメン」をチョイスし、草食君の「肉食感」を覚醒させる、そして、高層階夜景で、あなたを口説かせる、、、そんな展開になる可能性を秘めた「大人女子から草食男子を誘う東京ラーメングルメデート」です。

というのも、ラーメンというB級グルメを一緒に食べるという行為は、ある意味、「気取った」フレンチを一緒に食べるより、草食君が「肉食化しやすい」雰囲気を作り出しますね。そう、気取らず、ラーメンを一心不乱に啜るというのは、『本能』に近い行為だから。

そして、『食欲』がある程度満たされれば、次は、、、。

だから、短時間で、ラーメンを食べて、タクシーで、さくっと、ホテルに移動し、45階からの東京タワーとスカイツリーの高層夜景、、、。この一連の流れは、立場を変えて、今度は、「肉食化した草食男子」があなたを「食事」のあとに「ホテル」に誘う、というシナリオを予感させるのです。

(津村浩介/ライター)