1. トップ
  2. ファッション
  3. 私生活でも話題の新星モデル、ペイジ・リーフラーのNYの自宅へ。

私生活でも話題の新星モデル、ペイジ・リーフラーのNYの自宅へ。

  • 2016.6.21
  • 1317 views

【さらに写真を見る】私生活でも話題の新星モデル、ペイジ・リーフラーのNYの自宅へ。

大ニュースとなった、ワン・ダイレクションハリー・スタイルズとの交際宣言から約2年。モデルとしてのキャリアも着実に築いているペイジ・リーフラー(Paige Reifler)の現在の自宅は、生まれ育ったニューヨークにある。ペイジの愛するNYの街で、その素顔をキャッチ!

この撮影を担当しているフォトグラファーのデイヴィッド・ムシュガンが、初めてペイジ・リーフラーに会ったのはマリブだった。彼女はこのとき、デイヴィッドとのフォトセッションのために、生まれ育ったNYからはるばるカリフォルニアまで来たのだ。撮影を経て、デイヴィッドはたちまちペイジのクールでエフォートレスなスタイルに魅了されたという。

「ペイジは僕がクールと思う女性そのものだ。自分のスタイルを持ち、最高のボーイフレンドがいて、とにかく一緒にいるだけでとても楽しい」とデイヴィッドはいう。

NYにあるペイジ・リーフラーの自宅は、最高にスタイリッシュ。だが、デイヴィッドは「そこに住むペイジも実に素敵だ。それは彼女が実にリアルだからなのだと思う」と説明する。

ペイジは、ただかわいらしい、お洒落なスタイルを持つモデル、というだけではない。彼女はとにかくリアルなのだ。自分のスタイルを「古いもの、借りたもの、レース素材のもの」と自分らしいユニークな表現で説明し、音楽の趣味は幅広く、それこそブラック・サバスからバッハまで、何でも聴く。街を歩くときは大好きな赤のスエードのブーツを履き、面白い柄のソックスを集めるのが最近の趣味だと言う。 

ペイジ・リーフラーはチャリティー事業にも熱心に取り組んでいる。「JDRF(国際若年性糖尿病研究財団)は、先天性のI型糖尿病についての啓蒙活動と治療法の開発を行っている世界でも屈指の財団なの。I型糖尿病を患っている人はたくさんいるけれど、実は私の姉もその一人。患者の数が増え続けているだけに、この病気についてみんなに知識を深めてもらうのは大切だと思って」

ペイジは生まれ育ったNYの街を次のように話す。「この街はいつもせわしないけれど、どこにでも自分の足で歩いて行けるから住むには最高よ!」。 もちろん、NYを自転車で走り回るのも好きで、お気に入りのエクササイズは、ピラティスと自転車でのロードエクササイズだという。 

ペイジ・リーフラーの将来の目標は「ただ幸せになること」。華やかなプライベートライフ はインスタグラムのアカウント@reiflerpaigeでチェック。

参照元:VOGUE JAPAN