1. トップ
  2. 恋愛
  3. 自分から振ったけど復縁したい・・・。そんな都合のいいことできる?

自分から振ったけど復縁したい・・・。そんな都合のいいことできる?

  • 2016.6.19
  • 1670 views

大好きだったカレと別れてしまうのは、さまざまな理由があると思います。でも、時間がたつにつれて「私にはカレが合っていたのかも」「本当に好きなのはカレだった」など、別れてから自分の気持ちに気づくこともあるのでは?

今回は「諦めるべきだとはおもっているけれど、なかなか気持ちを切り替えられない」というお悩みが恋愛ユニバーシティに寄せられました。相手の態度もまんざらではないと感じた場合、どう行動していけばいいのでしょうか。

【相談】元カレの中途半端な態度にモヤモヤしています。

彼から告白されてつき合い始めたのですが、幼稚でワガママな性格の私は、彼のことをふってしまい、別れて3年がたちます。その間、LINEのやり取りも一度もしていないし、会って話したりもしていません。

ところが先日、お祝いごとがあり、たまたま近くを通りかかった彼から、「おめでとう!」と笑顔で言われました。話しかけられると思っていなかったのでビックリして何も言えなかった私は彼にLINEをしました。すると「わざわざありがとう!今思えば別れたときにもっと話しておけば良かったかなーと思うよね(笑)。○○がこれから素敵な人生を歩めることを願っています!」と返事が来たのです。私は元カレのことが気になっていたので、このメッセージにどう対応していいのか分からず、モヤモヤしています。(20代前半・女性)

恋愛の悩みに感度の高い恋ユニユーザーから多くの支持を集めていた回答をまとめると次のようなものでした。

元カレの態度の真意は・・・?

「考えすぎです」「彼は何も考えていないと思います」という意見が多く寄せられました。「自分をふった相手の幸せを考えることができるくらい、この3年間で彼は成長したんです」「相手も変な感情が残っていれば、無視していたハズです」などユーザーは、彼はすでに前を向いているということを感じ取っているようです。

男性は行動の動物。もし相談者さんのことが気になったら彼から連絡してくるでしょう」という意見もあり、恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士の理論を学んでいるユーザーからは、こちらから積極的に連絡をとることをすすめていないようです。

元彼からLINEがきたとき、どうすればよかった?

彼のLINEをみたユーザーからは「距離をとりたがっているというより、縮めにきたなという印象です」という意見もありました。

・するべき話があったと話題に出している点

・~よね、と相手の意向を気にしている文

・(笑)をつけている点

などがその理由だといいます。そのため、このLINEのときに謝罪や感謝を伝えつつ、お互い頑張ろう、彼女できたの?など、近況を聞いてしまうのが良かったのでは、という指摘もありました。

「細かい対応に関しては、ここのアドバイザーさんはとても頼りになるので、もっと質問して参考にしたら可能性も高まると思います」という意見も。考えすぎて、なかなか行動に移せないことってあるかもしれませんが、どうしたらいいか分からなくなったときは、早めに相談することも大切なのかもしれません。

前に進むために必要なこと

自分から振ったのにと思うと、なかなか行動できないという相談者さん。ところどころに”罪悪感”をにじませる文面に「さすがに現実検討能力を疑ってしまいます」という意見が寄せられました。「彼のLINEはたんなる挨拶です。自分から振ったという気持ちと元彼に未練があるから、意味のないことに意味を求め『無いこと』から『あること』を引き出したくてもがいているんです」という意見があり、まずは今ある現実を受け止める必要があるとアドバイスしています。

LINEをしたければすればいいんです、先回りして考えても相手のことは相手が判断することであって、自分ではどうすることもできませんよという、厳しくも温かい言葉もあり、相談者さんは「結局自分はどうしたいのか」をじっくり考えたいといっています。

相手に好意をもっている場合、それが元彼でも、セフレでも、どうしても自分の都合のいいように考えてしまいがちになりますよね。モヤモヤしてなかなか行動できないのであれば、誰かに相談することで、自分の気持ちを確認してみてもいいかもしれません。

この記事は、相談者本人が特定されないため、記事の意図に影響のない範囲で内容を変えています。

参照:みんなの恋愛相談<復縁>「元カレの態度にモヤモヤ」

(emi/恋愛ユニバーシティ)

◇プロフィール

emi / 恋愛ユニバーシティ

WEBライター

WEBライター。恋愛、ダイエット、女性の生き方まとめ、などコンテンツ記事からセールスライティングまで多数執筆。恋愛暦ウン十年?の経験を活かすべく、女性が楽しく恋愛できて心身ともにハッピーになれるような記事を目指して日々奮闘中。