1. トップ
  2. スキンケア
  3. おでこにできた細かいシワを改善する方法

おでこにできた細かいシワを改善する方法

  • 2016.6.19
  • 15398 views

シワの原因は?

シワの原因は主に加齢や、乾燥と言われていますがおでこはあまり乾燥している意識がない場所。そして、おでこのシワは若い時には皮膚のコラーゲンが強いので、一時的に顔にシワができてもすぐに元に戻り、乾燥によるシワも、保湿することで回復します。

しかし、肌のハリや弾力をキープするコラーゲンやエラスチンは、20代をピークに減少し、また、加齢や紫外線の影響で弱体化するとシワは深く刻まれ、元に戻りにくくなります。さらに、生活習慣やストレスなども深く関わっていると考えられます。

おでこのシワには2種類あり、額の中心から左右にかけて横に入る「横のシワ」。主に眉毛の間に縦に入る「縦のシワ」があります。

横に入るシワの原因

・皮膚の形状記憶
・水分保持能力の低下
・真皮のコラーゲン弱体化などです。

「縦のシワ」の原因

眉間にシワを寄せ続けたことによる「不機嫌の形状記憶」です。

おでこのシワを消す方法や対策

・紫外線対策
・乾燥対策
・表情のクセを改善

これらはシワが深く刻まれないようにするための基本的な対策です。

1.紫外線対策

おでこは紫外線を浴びやすい場所。紫外線が肌老化の根本であることは紛れもない事実。日頃から油断せずUVカットコスメや日傘を用いて紫外線対策を心がけましょう。日頃の積み重ねが、コラーゲンの弱体化を遅らせ、皮膚のシワ対策となります。

2.乾燥対策

乾燥を防ぐだけで、細かいシワは進行を遅らせる事ができます。おでこは皮脂の分泌量が多いので乾燥とは無縁なイメージがありますが、テカテカするのが気になるため洗いすぎてしまうと、必要な皮脂までとってしまい、乾燥を進めてしまったり、肌への負担につながるので注意しましょう。

3.表情のクセを改善

たとえば、おでこを上げたり、下げたりと同じ動きを日常的に続けることでシワが刻まれてしまいます。特に加齢が進むと残りやすくなるので、若いうちから意識しておきましょう。

いかがでしたでしょうか?

セルフケアをきちんとおこなうことで、エステサロンに通わなくても、おでこのシワは薄くなります。毎日のセルフケアは月1回のエステよりも遥かに効果的です。少しの手間と時間で、高級エステ並のケアができたら最高ですね。