1. トップ
  2. 恋愛
  3. 篠田麻里子、ディーン・フジオカは天の上の存在「多才すぎて引く」

篠田麻里子、ディーン・フジオカは天の上の存在「多才すぎて引く」

  • 2016.6.19
  • 346 views

Amazonプライム・ビデオは、Amazonプライム会員に向けて提供している、見放題の映像配信サービス。

今回、そのAmazonプライム・ビデオにて、6月22日(水)から、Amazonオリジナルの連続ドラマ『はぴまり~Happy Marriage!?~』が、独占配信をスタート! 主演は、ディーン・フジオカさん。

放送に先駆け、6月18日(土)、東京・CBGKジブゲキ!!にて、完成披露試写会が開催され、ディーン・フジオカさんをはじめ、清野菜名さん、篠田麻里子さん、白洲迅さんの4名が登壇し、和気あいあいとした雰囲気でトークショーを行いました。

4人はそれぞれ、ディーン・フジオカさんは“ドS”な御曹司・間宮北斗役、そしてその北斗と契約結婚をする小鳥遊千和役に清野奈名さん。篠田麻里子さんは、北斗の元カノ(設楽美咲)役で、白洲迅さんは千和の同僚(八神裕)で密かに恋心を抱いているという役どころ。

司会から「ドSの御曹司がいままで演じたことは?」と聞かれると、ディーンさんが答えるのよりも早く客席から「主任~!」の声。以前出演したドラマ『ダメな私に恋してください』で、“ドS”な主任を演じていたディーンさんですが、「ドSの役と、御曹司の役は、別の作品で演じたことがあります」と。今回二つが組み合わさった“ドSな御曹司”役に、「だいぶスカッとしました(笑)」と爽やかな笑顔!

とはいえ、北斗の生い立ちには「絶望を経験して、生きる目的を自分なりに見つけて、復讐のために自分の人生を捧げる」というバックヤードが。千和との関わりで、人として成長していくという役柄に「自分も北斗の姿を見て勇気づけられる部分はありました」と。

父親の借金返済のため、昼は電気屋、夜はキャバクラで働く千和について、清野さんは「自分のためじゃないところで頑張れるのが魅力的な役」。

 

さて、北斗(ディーンさん)をめぐって、元カノ・美咲と千和が「現場ではバチバチで、いつもケンカしてます」という関係。これに対し、ディーンさんからこんな暴露が。

「カメラが回ってないときに、(篠田さんと清野さんが)小芝居するんですよ。僕が難しい状況に追いやられて、『どうすんのよ!?』みたいな。怖いなぁと思って(笑)」と言うと、劇中の台詞の流れでケンカ(の小芝居を)しているという篠田さんと清野さんからは、「(北斗は)全然かまってくれない」と言われてしまう始末。

そこへディーンさんが「一緒に仲良く座りましょ」というと、余計にケンカがヒートアップしてしまうそうな。現場の裏でも、ディーンさんの取り合いに? ステージでも笑いあうことが多かったのですが、撮影の現場でも終始仲がよさそうなキャストのみなさん。

 

千和に想いを寄せる役を演じている白洲さんは、「女子力100%の優しいキャラ」。料理上手で弁当持参、部屋もかわいく、物腰もやわらかい。「男が女子力を突き詰めると、男が磨かれて、“イイ男”になれるんじゃないかと、裕をやっていた思った」そう。

北斗と一緒のシーンはいまのところないのですが、ディーンさんは白洲さんの話を受けて、「なるほどと思ったので、僕も本編を観て勉強させてもらいます……ネクストレベル目指してね(笑)」なんて言っていました。

 

さて、気になるのは、ディーンさん演じる北斗の“ドS”っぷり。回を重ねるごとにドS度は増していく?

「まず、ドSの定義とは何か、からですよね」とまさかの返答が。でも話を聞くと、「愛があるから、関心がって相手を想う気持ちから」出た言葉であって、「そのコミュニケーションの伝え方がよくないから、誤解される」という解説が。ドラマの中では、千和との関わりで北斗にも変化が現れ、「表現の仕方が変わっていくと思う。どう変わるかは、観てのお楽しみ(笑)」と。なるほど!

 

トークでは、撮影中に驚いた共演者とのエピソードも。

清野さんは「“リアル千和”というか、常に元気。ずっとずーっとしゃべってる。みんなが引くぐらいしゃべってる」と、白洲さんが暴露。
ディーンさんと撮影の日は、「一緒にボクシングをしている」と教えてくれた清野さんですが、ディーンさんからも「めっちゃいいパンチしてるんですよ。こんな小柄なのに。僕はそれにびっくりしました」と称賛の言葉が。

篠田さんが、「ディーンさんが本当に多才」と、真っ先に話してくれました。レストランにピアノが置いてあり、“トントントン”と触るのかと思いきや、かなり本格的な演奏を披露したそう。「歌をやっていたのは知っていたんですけど、ピアノまで?と。すごくビックリした」と話し、続けて、英語、ボクシングなど、いろいろ教えてくれるのだとか。

「多才すぎて、引いちゃうぐらい」というと、ディーンさんも「引いちゃいます?(笑)」と笑っていました。「天の上の存在のよう」と、篠田さん。ディーンさんの様々な面を見るたびに、驚くそう。

それに続き、ディーンさんからも、「博多式“ビズ”の仕方を教えていただいた」と(“ビズ”とはフランス語で、両頬に音を出してキスをする仕草のこと)。もちろんそんなものは存在しないのですが、篠田さんはビズが恥ずかしかったのと正しいビズがわからなかったので、「博多式でやってみますね」と言ったら、ディーンさんが真に受けてしまったそうです。

“ビズ”について、自信の片手を使って説明するディーンさん。ひとつひとつの動きがすべてスマート!

今回のドラマについて、「“新しい形”だと思う。アマゾンジャパンのコンテンツとしては、初めてのオリジナル作品ということで、参加させていただけて光栄」と胸の内を伝えつつ、「これまでの演出や作品の見せ方と違ってくるはず」と、ディーンさん。

現在、ドラマのメイキングが公開中。本放送スタートの前に、ぜひ一度のぞいてみては?(さとうのりこ)

 

Amazonオリジナル『はぴまり~Happy Marriage!?~』

2016年6月22日(水)から配信(全12話/水曜更新)

[キャスト]ディーン・フジオカ、清野菜名、白洲迅、篠田麻里子、温水洋一、近藤芳正、山崎銀之丞、鷲尾真知子、藤原紀香(友情出演)、尾野武彦 他

[ストーリー]小鳥遊千和(清野菜名)は、借金苦によりキャバクラでバイトをしているOL。ある日、キャバクラに来た金持ちのイケメン客とケンカになり、バイトをクビになる。その男は、間宮北斗(ディーン・フジオカ)。翌日、千和は突然、北斗から契約結婚を提案される。初めは拒否していた千和だったが、北斗の過去にふれるにつれ、彼に惹かれていく。契約結婚した2人が、あらゆる困難を乗り越え、真の「夫婦」になるまでの物語。

■原作:「はぴまり~Happy Marriage!?~」円城寺マキ(小学館「プチコミック」FC刊)

■配信元:Amazonプライム・ビデオ

https://www.amazon.co.jp/