1. トップ
  2. スキンケア
  3. そんな選び方で大丈夫?肌にダメージを与えない、日焼け止め数値の選び方

そんな選び方で大丈夫?肌にダメージを与えない、日焼け止め数値の選び方

  • 2016.6.18
  • 4975 views

SPFは紫外線B波をカットする力

サンバーンとは、肌が赤くなってヒリヒリする状態のことです。日焼けした後にお風呂に入ったとき、痛くてびっくりしたことがありませんか?これは強いエネルギーを持っている紫外線B波による炎症です。紫外線B波をカットする力を数値で表したものがSPFで、1あたり20分カットすることができます。たとえばSPF30だとしたら、30×20分となり、600分(10時間)肌を紫外線B波から守る力があります。

PAは紫外線A波をカットする力

紫外線A波は肌がヒリヒリするサンバーンを招くことはありませんが、B波よりも肌の奥に到達する力があり、シミやシワの原因になるものです。肌が黒くなり、老化につながるため、こちらもきちんとカットしないといけません。PAは「+」「++」「+++」の3段階で表示され、+が多ければ多いほどカットする力が高くなります。日焼け止めをつけない状態に比べて、「+」が2~4倍、「++」なら4~8倍、「+++」なら8倍以上、肌が黒くなるまでの時間を延ばすことができます。

数値より重要なのは「塗り直し」

日常使いでリゾート用の数値を使用していると、ダメージを与えてしまい肌がボロボロになってしまう人もいます。日常使いであれば【SPF20、PA++】を目安に使うようにしましょう。リゾートなど日差しの強い場所で長時間過ごすような場合は【SPF30、PA+++】程度のものをこまめに塗りなおしながら使うことをおすすめします。汗で流れてしまうことが多いため、SPFの数値をいたずらに高くするよりも、塗りなおすほうが効果的です。

SPF50の持続時間は1000分(16時間40分)ですが、そんなに外出しないですよね。一番大切なのは塗り直しなので、高い数値だからと安心せずに、正しく日焼け止めを使いましょう。