1. トップ
  2. ダイエット
  3. ブルーになったら試して!梅雨の憂鬱を吹き飛ばすツボ4つ

ブルーになったら試して!梅雨の憂鬱を吹き飛ばすツボ4つ

  • 2016.6.16
  • 1895 views

ジメジメした梅雨の時期は、身体が重ダルく感じるだけでなく心まで憂鬱になりがち。なんだかやる気がでない、そんな憂鬱な気持ちになってしまった時は元気になるツボを押してみると改善されるかもしれません。

そこで今回は、梅雨の憂鬱を吹き飛ばすツボを4つご紹介したいと思います。

■ブルーになったら試して!梅雨の憂鬱を吹き飛ばすツボ4つ

●合谷(ごうこく)

合谷は、手の甲側の親指と人差し指の骨の分かれ目のやや人差し指側にあります。

ストレスのツボといえばここ! 気持ちを落ち着かせ、乱れた自律神経を正常に戻すことができるツボです。

憂鬱な気持ちになったら親指を当て、気持ち良いと感じる強さでやや強めに、両手それぞれ30回押したり揉んだりしてみて。

●足の三里

足の三里は、ひざのお皿下のくぼみから指4本分ほど下がった場所の向こうずねの外側にあります。

倦怠感がとれて心身ともに活力が湧くといわれているツボです。親指でやや強めに2~3分ほど押し揉んでみましょう。

●湧泉(ゆうせん)

湧泉は、足裏の中央よりやや上、足の指を曲げた時にへこむところにあります。体力や気力を高めるツボで、疲労や倦怠感が消え、やる気がグングン湧いてくるとされています。

リフレクソロジーでも太陽神経叢(たいようしんけいそう)と呼ばれる反射区で、心身のバランスをとりエネルギーが集まる場所とされ、必ず施術に含まれる反射区です。

親指を当てて、やや強めにゆっくり押してみてください。深呼吸に合わせて、息を吐く時に押すのがおススメです。

●解谿(かいけい)

解谿は、足の付け根の中央部分にあるツボです。憂鬱な気分を取る効果があるといわれています。気持ちが落ち込んでいる時に、左足7回、右足7回ずつ押してみましょう。

雨の日もお天気に引きずられずに元気に過ごせるように、憂鬱な気分になったらツボを押してリフレッシュしてみてくださいね。

(坂本 雅代)