1. トップ
  2. レシピ
  3. 日本初放送のサスペンスドラマ『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』、放送日時が決定!

日本初放送のサスペンスドラマ『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』、放送日時が決定!

  • 2016.6.16
  • 6091 views

全米視聴率であの『クリミナル・マインド/FBI vs 異常犯罪』や『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』を超えた大ヒットドラマ、『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』が、Dlifeにて7月より日本独占初放送となることを以前お伝えしたが、その放送日時が7月16日(土)23:00に決定した。

undefined

【関連記事】昨年のLAスクリーニング作品から選ぶ「日本に入ってほしいドラマTOP5」 美女&イケメンの揃う『クワンティコ(原題:QUANTICO)』は何位?

バージニア州クワンティコに実在する、将来有望なFBIの候補生が集まる研修施設FBIアカデミーを舞台に描く同作は、捜査官の「過去」、アカデミーでの「現在」、テロ事件が起こる「未来」が交錯するというノンストップ・クライムサスペンスドラマ。優秀な捜査官の卵アレックスが、アカデミー卒業後に起きた大型テロ事件の容疑者になるところから物語はスタート。身に覚えのない罪を着せられた彼女は、その罠がアカデミー時代に仕掛けられていたことに気がつく...というストーリーだ。

本作が支持を集める理由の一つは、主人公アレックスを演じるプリヤンカー・チョープラー。インド人女優として初のアメリカドラマの主演に抜擢された彼女は、ボリウッドで40本以上の映画に出演し、ミス・ワールドに輝いたこともあるインドの大スター。アメリカの雑誌Timeで「最も影響力のある100人に選出」されただけでなく、表紙も飾った、今注目の女優だ。現在製作中の、1990年代の人気TVシリーズ『ベイウォッチ』の映画版にも出演が決まっている。

「アメリカドラマに出演するのであれば、国籍という小さな箱に中に押し込まれるような役柄は演じない」と考えていたというプリヤンカーは、このアレックス役について「国籍のとらわれない役柄。日本人でもインド人でもロシア人でも演じられる。そこが気に入っているの。アレックスは典型的な現代っ子で、頭が良くて、自信があり、美しい。それに、FBIエージェントだからといって、マッチョである必要はないというところが大好きよ。彼女は今でもフェミニンなの。こういう女性になれればいいなって思えるのがアレックスなのよ」とその魅力を語っている。

■『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』放送情報
Dlifeにて7月16日(土)よりスタート
毎週土曜 23:00~[二]
毎週金曜 25:00~[字]

(海外ドラマNAVI)

Photo:プリヤンカー・チョープラー
©Dlife © 2015 ABC Studios