1. トップ
  2. スキンケア
  3. 見逃さないで老化サイン! アラサー女性に必要な「美肌の条件6つ」とは?

見逃さないで老化サイン! アラサー女性に必要な「美肌の条件6つ」とは?

  • 2016.6.16
  • 19889 views

年齢を重ねると肌の機能が低下するのは当たり前。しかし問題は、実際の肌年齢より老けている女性が多いということ。20代の頃と同じスキンケアをしているアラサー女性は要注意。

30歳を過ぎると急激に肌は衰えはじめ、小じわや乾燥などトラブルが起きやすくなります。今はよくても1年過ぎれば状況は一変。いつの間にか敏感肌になっている場合も……。

その原因は、ターンオーバーが乱れることによって生じる肌の老化サイン。アラサー女性に必要とされるスキンケアは、6つの条件を満たす方法でなければ完璧とは言えません。

美肌の条件

さて、アラサー女性にとって美肌の条件とはなんでしょうか。それは、「潤い」「透明感(美白)」「ハリ」「ツヤ」「柔らかさ」「整ったキメ」の6つをバランスよく満たした肌。

30代の肌は、45日周期で古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わる仕組み。この周期が乱れると肌トラブルが起きやすくなり、老け顔をつくってしまう厄介な原因になります。

また、肌機能は28歳を過ぎたあたりから急降下するため、再生力や保水力なども低下し、肌本来の体力が衰えているのも忘れてはいけません。

そして、よくありがちなケアミスが間違った方法での保湿。肌に潤いを与えていると思っていても、実は水分を奪ってしまい乾燥を早めている場合もあります。

肌が乾燥すると保護機能が弱くなり、ほこりやハウスダストなどにも影響されやすくなって見えない炎症を起こし、シワやくすみの原因を内側に溜めているんです。

肌の2層目ではコラーゲンがつくられているのですが、内側で起きている“見えない炎症”がその働きを邪魔することにより、弾力さや柔らかさも失われていきます。

 

30代のスキンケア

30代の女性が美意識を高くもつために着目するポイントは、「天然保湿成分(NMF)」「抗酸化作用」「抗酸化作用」「ターンオーバー」「腸内環境」「食生活」の5つのケア。

<化粧品選びで意識するポイント>

・天然保湿成分の働きを活発にする成分で肌本来の保水力を高める。

・体内の活性酸素を除去する成分を肌に与え、抗酸化作用を高める。

・ターンオーバーを正常に戻してくれる美容成分が配合されている。

・紫外線予防に効果的な日焼け止めを選ぶ。

<食生活で意識するポイント>

・抗酸化作用を高める食材を食べて、体内の活性酸素を除去する。

・AGEsを多く含む食品を避け、抗酸化作用を高める。

・乳酸菌を含む発酵食品を食べて善玉菌の増殖を促す。

・オリゴ糖を含む食品を食べて善玉菌の活性を促す。

・水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を2:1の割合で食べる。

・ミネラル、ビタミン類、タンパク質を積極的に補う。

・1日2リットルの水分を補給するように心がける。

 

紫外線対策は夏だけじゃない!

紫外線は常に放出されています。夏だけ紫外線対策するのは不十分。夏と3シーズンの2パターンで日焼け止めを使い分け、効果的な紫外線対策を実践しましょう。

太陽から放出される紫外線はUV-AとUV-Bの 2種類ですが、天気や季節に関係なくUV-Aは 1年中を通して放出されています。

肌の老化を早める原因は5割がUV-Aの照射による影響と言われるくらいですし、紫外線対策は季節に関係なく必要なスキンケアなんですよ。

日焼け止めを使い分ける際はPAとSPFのランクに注目。PAはUV-Aを防ぐ役割があり、SPFはUV-Bを防ぐ役割。ランクの度合いが高いものは効果も上がりますが注意点も。

ランクが高くなるほど肌にかける負担は大きくなるため、状況に応じて使い分けたいところ。日差しの強い夏場などはPAとSPFのランクが高いものをチョイス。

ほかの季節はPAのランクが高いものだけを使用すると肌へのストレスも抑えられて効果的です。今後のスキンケアの参考に、ぜひ役立ててみてはいかがでしょうか。