1. トップ
  2. おでかけ
  3. 「カリエール展」東京・西新宿で - フランス象徴主義の代表的画家、セピア色の画面に神秘的な世界を描く

「カリエール展」東京・西新宿で - フランス象徴主義の代表的画家、セピア色の画面に神秘的な世界を描く

  • 2016.6.15
  • 566 views

「カリエール展」が、東京・新宿にある、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催される。会期は、2016年9月10日(土)から11月20日(日)まで。

19世紀のフランス象徴主義を代表する画家、ウジェーヌ・カリエール。セピア色の画面に神秘的に浮かび上がる人物や母子像、身の回りで繰り広げられる日常の光景などが代表的だ。

カリエールの没後110年という区切りの年である2016年に開催される本展では、彼のひ孫でカリエールの『カタログ・レゾネ(全作品集)』の編集者である、美術史家ヴェロニク・ノラ=ミランが全面協力。個人の所蔵作品および、油彩画を中心に約80点を紹介する。

展示構成は、4つのチャプターに分け、彼の半生を時系列的におったもの。初期から1885年頃までを展示するチャプターでは、普仏戦争が終わった1871年から、1885年に《病気の子ども》などの作品がサロンで3等賞を受賞し、国家買い上げとなった時期までが紐解かれている。

「晩年」と名付けられた1900年頃から1906年までの作品を展示するチャプターでは、パリで万国博覧会が開催され、パヴィリオンのためのポスターを手がけ同時開催の「フランス絵画100年展」に出品した作品などで構成。1902年に喉頭がんの最初の手術を受けるなど、治療と制作を両立した時期の、献身的な活動の様子を作品を通して振り返って行く。

【概要】
カリエール展
会期:2016年9月10日(土)〜11月20日(日)
※月曜日休館(9/19、10/10は開館、翌火曜日も開館)
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
住所:東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間:10:00〜18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
観覧料:一般 1,300(1,100)円、大学・高校生 800(650)円、シルバー(65歳以上) 1,100円
※括弧内は、前売り及び20名以上の団体料金
※中学生以下無料

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:03-5777-8600