1. トップ
  2. ファッション
  3. 知っておきたい!結婚式やお呼ばれ日のネイルマナー3つのポイント

知っておきたい!結婚式やお呼ばれ日のネイルマナー3つのポイント

  • 2016.6.14
  • 2347 views

暖かい気候になり、結婚式を挙げるカップルがより多くなってきますよね。また様々なイベントを開催しやすくなるのも、この時期から。いろいろな場面で招かれる方も多いと思いますが、知らないと困るのは「お呼ばれネイル」のマナー!今回はネイリストでロミロミセラピストの筆者が、そのマナーとヒントをお教えしますね。

万能カラーといえばピンク。肌色を明るく見せてくれる効果もあります。とにもかくにも主役はご招待してくださった方たち。

お呼ばれネイルの注意点

主役の方を連想させてしまうカラーやデザインは避けるのが吉。

また、レザーやアニマル柄なども普段使いではカッコいいのですが「殺生」を連想させてしまい、お祝いの席ではNGとされていますので注意が必要です。

指先がきらめくと華やかな印象になり、パーティーに適したネイルになります。まずは、アクセサリーや靴、バッグなどに施されたアクセサリーパーツをネイルアートに使いましょう!

お呼ばれネイルのヒントはここに!

パールであったり、クリスタルであったり。ゴールドであったりシルバーだったり。

お呼ばれされた席ですから、必ずきらめく素材は入っているはずです。

ベースカラーは、生活上に問題がなければドレスのカラーと合わせてみては?

無理であればオーソドックスなベージュやピンクなどであしらって、上品な指先を演出してみましょう

他のゲストと差をつけるなら、身に着ける物をもう一度確認!「せっかくのお呼ばれの席だから、個性的なネイルにしたい!」

個性を出したい!そんなときは

と、いう方は、身に着ける物にポイントとなるカラーであったり、レースや柄などがあれば、それを品よくアートしてみても良いかもしれません。

全部の爪にアートをしなくても存在感はあります。

モチーフデザインは1本だけでも

普段使いを考えると、それがベストなときも。いかがでしたか?

結婚式など、自分が主役ではないパーティで、様々な年齢層の方々もいる席ということを忘れてはいけません。

主役を引き立てつつ、さりげなく自分をアピールできてこそのオシャレ上級者です。

TPOに合わせたネイルで、パーティーを楽しんでくださいね!