1. トップ
  2. 恋愛
  3. あなたも彼にウンザリされてるかも? 男女の違いから見るオンナのNG趣味3つ

あなたも彼にウンザリされてるかも? 男女の違いから見るオンナのNG趣味3つ

  • 2016.6.14
  • 28247 views

映画、音楽、読書、などはたくさんの人が趣味として楽しんでおり、「趣味が合う」と感じる話題の多くはこの3つであると思われます。

しかし人の趣味は1つではありません。他人と合う趣味もあれば合わないものもあるのです。さらにそれは男女間でより強く見られる傾向があります。それはそもそも男性と女性では根本的な性格が違うからかもしれません。

例えば釣り。男性はじっと待つことも苦痛ではなく、魚が釣れた時にはとても喜ぶでしょう。しかし女性にしてみれば何もしない時間がなぜ楽しいかが分からない。正確には何もしない時間は釣りにはないのですが、それも理解できないでしょう。さらには声を出すと魚が逃げてしまうので喋ってはいけない。女性が好きになる理由がほとんどと言っていいほどないのです。

それと同じように男性にとっては苦痛でしかない女性の趣味もあります。そこで今回は男性が息を詰まらせているかもしれない女性の趣味3つをご紹介したいと思います。

1:カフェ巡り

女子の好きなものといったらカフェ。もはや女子の代名詞と言ってもいいくらいかもしれません。ときには1日のデートで複数のお店に行くことも。そして何故あんなにも多くの店に行きたがるのでしょうか? というのが男性の気持ちでしょう。おそらく行きつけの店を1軒つくり、そこで落ち着いた時間を過ごしたいという意見が多数だと思われます。そこが女性と男性では違うようですね。

 

2:ブランド品集め

男性もステータスとしてブランド品には興味があります。しかしいくつもいくつも買うことが理解できないのです。気に入ったものを1つ購入し、それを使い続けることでその物の価値を上げていくのが男性。一方、1番嬉しい瞬間は商品を買ったその時で、その喜びを何度も味わおうとするのが女性なのでしょう。

 

3:アロマでリラックス

女性の家に遊びいった時、「リラックスできるんだよ!」とお香を焚き始めたら多くの男性はこう思うでしょう。

「そういうの逆に疲れるんだよな」。

女性はお喋りしているのが普通の状態、男性は黙っているのが普通の状態とよく言うように、何か臭いがしていないと落ち着かないのでしょうか。やはりここでも大きな違いがあるようです。

 

いかがでしたか?

男性と女性がお互いを理解し合うというのは、本能的にもとても難しいこと。意見の合うものだけを共有し、他は1人で楽しむというドライな考え方が男女の関係を良好に保つために必要なことなのです。

(國友俊介/ライター)