1. トップ
  2. スキンケア
  3. 剥がすだけの角質ケアはNG!肌力をアップする本当のお手入れ方法とは?

剥がすだけの角質ケアはNG!肌力をアップする本当のお手入れ方法とは?

  • 2016.6.14
  • 8032 views

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

古い角質がたまっていると、肌のキメが乱れたり、くすんでしまったり、ゴワついたりと様々なトラブルの原因となります。角質ケアというとピーリングをイメージする方もいるかもしれませんが、それだけではありません!毎日の正しい角質ケアこそが肌力アップの秘訣です。

 角質の役割と悪影響

角質とは何か?をわかりやすく言うと肌表面にある死んだ細胞。不要となった細胞がいつまでも肌表面に残っていれば、当然肌に様々な悪影響が生じるのが想像できますよね。古い角質は肌のターンオーバーによって自然に剥がれ落ちます。ただ、紫外線、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足などによってターンオーバーが乱れると、古い角質は剥がれ落ちにくくなります。ただ、角質には剥がれるまでの間に、天然保湿成分を作りだしたり、肌を守る役割があります。ターンオーバーが早くなり過ぎることや、角質を無理に除去することは敏感肌や乾燥肌の原因肌となります。

 保湿重視が本当の角質ケア

ピーリング、ゴマージュ、スクラブなどで古い角質を除去する方法をエクスフォリエーションと言います。週に1回程度のスペシャルケアとして取り入れるのは良いのですが、やり過ぎは肌を傷めるので注意が必要。では、毎日の角質ケアはどのように行うのが正解?それは保湿なのです!肌環境を整えてターンオーバーを正常に保ち、角質が自然にタイミング良く剥がれるようにすることが大切。そのためには毎日のスキンケアで保湿に力を入れるようにしましょう。

 肌力をアップする角質ケア方法

剥がすだけの角質ケアからは卒業して、保湿重視のお手入れで肌力をアップ!具体的な方法をご紹介します。

洗顔

洗顔料が多すぎと肌の潤いまで取り過ぎてしまいます。容量を守り、皮脂の多い鼻周りから洗いましょう。目元や口元の乾燥しがちな部分は最後に、洗顔料でなでる程度の優しさで。熱いお湯は使わず、ぬるま湯で洗い流して最後に冷水で引き締めます。

化粧水

洗顔によって汚れだけでなく角質に含まれる天然保湿成分も一緒に洗い流されてしまいます。洗顔後はなるべく早く化粧水で保湿をしましょう。おすすめは、手で化粧水をなじませてハンドプレスをした後、シートマスクやコットンパックを使うこと。角質の隅々までムラなく化粧水が行き渡ります。

クリーム

化粧水の後は美容液、乳液を使う方が多いかもしれませんが、私は美容液の後にクリームを使います。乳液は水分と油分をバランスよく混ぜ合わせるために、界面活性剤が多く含まれる傾向にあります。化粧水で補った水分を逃さないためには、乳液でなくクリームがおすすめ。ただ、つけ過ぎると油分が酸化して肌によくありませんので、容量を守り、最後にティッシュオフすると良いでしょう。

角質ケアで大切なことは保湿!スクラブなどで角質を除去するスペシャルケアは、やり過ぎないようにご注意を。ケアの後はいつも以上に肌を保湿してあげて下さいね。また、ターンオーバーを正常化するために、睡眠不足やストレスに注意して食事の栄養バランスにも気を遣いましょう。