1. トップ
  2. 恋愛
  3. メールやラインで別れを告げるとトラブルになりやすい!? その理由3つ

メールやラインで別れを告げるとトラブルになりやすい!? その理由3つ

  • 2016.6.13
  • 21010 views

付き合うよりも、別れる時の方が何倍ものエネルギーを必要としますよね……。

しかし、メールやラインでの会話が定着している今の世の中では、会わずして別れるカップルも多いのではないでしょうか? この方法ですんなり別れられたらどんなに良いでしょう。

しかし、煩わしさがない代わりに、余計にこじれるケースも少なくは無いはずです。

そこで今回は「メールやラインで別れを告げるとトラブルになりやすい原因」をご紹介いたします。

1:誤解されやすい

文章の為、こちらの気持ちが正しく相手に伝わらない可能性があります。

直接会って、自分の言葉で伝えても誤解を生みやすい話の内容です。それを文面で相手が読むとなると、誤解を招く可能性はさらに上がってしまいます。

また、厄介なのが、相手が誤った捉え方をしている事にすぐに気付きづらいので、一度拗れると収拾が付かなくなってしまい、結局は直接会って話さなければならない状況になってしまいます。しかも、より険悪な状況で……。

 

2:相手の状況が分からない

メールやラインは電話と違い、相手の都合の良い時に見られる為、連絡ツールとしては一番気を使わずに利用出来るというのが利点の一つですが、別れ話の際にはそれが致命的になる事があります。

例えば、飲み会の最中に、彼女から別れのラインが届いた彼は、一気にどん底に突き落とされ、受けるショックは通常の倍以上になるでしょうね。

彼が今何をしているのか、何のリサーチもせずに送信するのは危険度が高いです。

 

3:返信のタイミングが相手次第

返信がいつ来るのか予測が経ちません。特にメールは既読機能がありませんから、読んでいるのか? きちんと届いているのか? さえも分かりません。

別れ話は、主導権を握らないとこちらの思う様には進みません。

最悪、「これどういう事?」とアポなしでいきなり部屋に押しかけられたら対処に困ってしまいます。相手の動きが全く読めないのは怖いですよね。

 

いかがでしたか?

別れを伝える方法は、相手を見て考える必要がありますよね。自分の都合ばかりで判断すると、トラブルの原因になりかねませんので気を付けましょう。

【Photo】Smartphone girl / Insights Unspoken

(斎藤奈々子/ライター)