1. トップ
  2. グルメ
  3. せせらぎや水の流れを感じて。京都で行きたい“川沿いのカフェ”5選

せせらぎや水の流れを感じて。京都で行きたい“川沿いのカフェ”5選

  • 2016.6.13
  • 6822 views

こころを優しく癒してくれる、せせらぎの音や水の流れ。今回は、夏の天気のいい日に行きたくなる、涼しげな川がすぐ側を流れる京都のカフェや甘味処をピックアップしました。窓際やテラスの席に座って、目から涼を取り入れてみませんか?

本葛菓子「翡翠もち」が味わえる「茶寮 八翠」

「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」の敷地内に、宿泊客以外の人も利用できるカフェ「茶寮 八翠」があります。老舗茶舗・一保堂の上質な抹茶を使った本葛菓子「翡翠もち」などの甘味や軽食メニューと、雄大な自然の嵐山と翡翠色の保津川とが織りなす美しい景色を楽しみましょう。

フランス料理店が手がけるデリとスイーツ「オ・タン・ペルデュ」

フランスの各種お総菜や郷土菓子、本格的なスイーツが充実した「Au Temps Perdu(オ・タン・ペルデュ)」。テイクアウトもできますが、白川に面した、併設のサロン・ド・テのテラス席でイートインがおすすめ。淹れたての紅茶とともに風景を心ゆくまで味わってみませんか。

風が気持ちいいミュージアムカフェ「カフェドゴマルゴ」

平安神宮の鎮座する京都一の文化ゾーン・岡崎にある京都国立近代美術館内にある「café de 505(カフェ ド ゴマルゴ)」。傍らを流れゆく琵琶湖疏水を眺めながらのんびりできるオープンテラスで、こだわりのパスタランチや自家製スイーツを味わいましょう。

自家焙煎コーヒーとスイーツを堪能できる「喫茶 上る」

古い町並みが続く、西木屋町通りにある「喫茶 上る(きっさあがる)」は、築約60年の古民家を改装した喫茶店。窓際の席はすぐ目の前を高瀬川が流れ、鴨や鷺などの野鳥を見かけることもあるほど、のどかな眺めを楽しめます。22時半まで営業しているので、京都の夜を楽しむのにもぴったりです。

「三味洪庵」で甘味や京の味“おぞよ”をいただく

さらさらと涼やかに流れる白川のほとりで、古都の風情にたっぷり浸ることのできる「三味洪庵(さんみこうあん)」。築100年にもなる元昆布問屋を改修したおだやかな雰囲気のお店です。こちらでは甘味や、”おぞよ”と呼ばれる京都の家庭で受け継がれてきた日常のおかずが楽しめます。 *****

京都らしいお茶や甘味のメニューを楽しめるカフェばかりです。水の流れや風、自然を感じる爽やかな風景に、心が澄みわたっていくよう。ぜひ訪れてみてくださいね。