1. トップ
  2. 恋愛
  3. つい出来心で……浮気してしまったときの罪悪感解消法4つ

つい出来心で……浮気してしまったときの罪悪感解消法4つ

  • 2016.6.13
  • 26160 views

彼との交際がうまくいっていてもいかなくても、関係の良し悪しにかかわらず、魔が差してしまうことがあります。女性の浮気は男性よりも重いとされているだけに、落ち込みも激しくなるでしょう。

こんな辛い思いをするならしなければ良かったと、後悔してもあとの祭り。なにか少しでも、心の負担を軽くするような手段を見つける必要があります。

今回は、浮気してしまったときの罪悪感の解消法をご紹介します。

1:正直に謝る

面と向かって浮気したことを告げ、正直に謝る。彼ならきっと分かってくれると、希望的観測のもとに行われますが、どうなるかは分かりません。

誠意ある行動とも捉えられますが、自分は正々堂々と告白したのだから、あとはどうにでもなれという責任逃れ的な意味合いも含まれます。でも、言ってしまったからには、ここから先は彼の判断次第。別れようが殴られようが、受け入れるしかいないでしょう。

 

2:プレゼントを渡す

せめてもの罪滅ぼしに、プレゼントを渡しましょう。誕生日でも記念日でもないのに、彼はきっと呆気にとられるでしょう。なにか裏があるのではないかと、疑うかもしれません。

でも、黙って差し出すことで、少しは気分も晴れるはず。金額は、あなたが感じる罪の重さと同等のものを。

 

3:必要なことだったと自分を納得させる

浮気をすることで、彼の大切さが分かった。むしろ愛が深まったと、自分を納得させるのです。都合のいい解釈ですが、罪の意識から逃れるには最適の方法。

実際に、彼に対してさらに愛を注ぐことができるのであれば、それは本当に良かった出来事となります。だからといって、また同じ過ちを繰り返すのはやめましょう。

 

4:もっと浮気をする

1度の浮気だからこそ、重く感じてしまうのです。ならば、もっと浮気を繰り返して、数多くの不貞行為のなかのひとつだと受け止めるようにすればいい。

次第に罪の意識も薄れ、心の負担も軽くなっていくでしょう。浮気ごときで動じない、強い精神力を手に入れることができます。ただし、人間として落ちるところまで落ちてしまう可能性もあるので、失うものも大きいかもしれません。

 

浮気はしなければしないほうがいいに決まっています。人を裏切れば、そのぶんの代価を支払わなければいけないのは当然のこと。目先の感情におぼれても、なにもいいことはありません。

【Photo】Vintage girl / thethreesisters

(大木アンヌ/ライター)