1. トップ
  2. ファッション
  3. エンダースキーマの新作レザー小物 - エプロンやゴミ箱など、日常に寄り添ったアイテムが多数登場

エンダースキーマの新作レザー小物 - エプロンやゴミ箱など、日常に寄り添ったアイテムが多数登場

  • 2016.6.9
  • 908 views

エンダースキーマ(Hender Scheme)の2016-17年秋冬コレクションより、レザー小物を紹介。2016年6月中旬より、正規取扱店舗にて順次発売される。

メインにシューズを据えるエンダースキーマだが、革の特性を知り尽くすブランドの強みは、小物にも生かされている。アイテム毎の素材選びやシルエット、“育つ”感覚を取り入れたコンセプト作りなど、嬉しいデザインが随所に見られる。

定番の「ノットエコバッグ(not eco bag)」シリーズを厚みとハリのあるカウレザーで作成した新作は3サイズの4色展開。「削ぎ落とすことを削ぎ落とした」という感覚のミニマルなアイテムだ。

3mmのショルダーを手縫いで仕上げた「ダストボックス(dust box)」は、愛着のわく風貌。コバのデザインや程よい大きさ、するりとした物静かなシルエットなど、家にあったら嬉しい“ゴミ箱”になってくれること間違いなしだろう。

切りっぱなしの、アシンメトリーが印象的な「ピッグ エプロン(pig apron)」。一枚のピッグスエードを真っ二つに裁断して、ベルトとポケット付けた無駄のないデザインが特徴だ。それぞれ個体差があり、これは!と思うものを見つけ出すのも楽しいだろう。

5色のバリエーションで展開される「コイン キーホルダー(coin key holder)」は、懐に携えたくなるかわいらしさが魅力。コインが数枚入る程度のごく小さいものだが、そこに何を詰め込むのか想像したり、小銭と折りたたんだお札だけを入れて出かけたりすることを考えたりと、小さいからこそ味わえる楽しみがある。

この他に、オーバルボックスやキャップ、長財布など、様々な革小物がラインナップ。靴だけでないエンダースキーマの魅力を、ぜひ体感してみてはいかがだろう。

【詳細】
エンダースキーマ 2016-17年秋冬コレクション レザー小物
展開時期:2016年6月中旬
展開店舗:エンダースキーマ正規取扱店舗