1. トップ
  2. 恋愛
  3. 短距離でもない長距離でもない、一番長く続くのは「中距離恋愛」だった!

短距離でもない長距離でもない、一番長く続くのは「中距離恋愛」だった!

  • 2016.6.8
  • 10667 views

短距離恋愛のカップルは、同じ職場で働いていて毎日顔を合わせたりしますよね。最初のうちは毎日会えるのがうれしくて楽しい気分になりますが、数か月たってケンカをするようになると、毎日顔を合わせるのが嫌になってくるものです。逆に長距離となると会える日数が極端に少なく、連絡方法はメールや電話のみなので、相手が今なにをしているのか不安になって、しなくてもいいケンカをしてしまったり……。

そんな短距離でも長距離でも続かない! という方におすすめなのが「中距離恋愛」なんです! ではなぜ中距離恋愛は続きやすいのでしょうか?

中距離恋愛ってどれくらいの距離?

県をまたぐくらいの距離が中距離恋愛です。たとえば東京と神奈川、大阪と兵庫など、遠くはないけど近くもない距離が恋愛において一番ベストなんです!

予定を合わせないと会いにくい

短距離のようにちょっとした時間があってもすんなり会えるわけではないので、だいたい週に1回くらいを目安に会うカップルが多いです。これは付き合ううえでとても理想的な回数で、毎日会うと刺激が足りず飽きてしまいますし、月に1回だと少なすぎて気持ちが薄れやすいんです。

週に1回のペースなら「また一週間頑張ろう!」と仕事の原動力にもなりますし、会うたびに新鮮な気持ちになれます! 一週間空いていれば会話の話題にも困らないのもポイントですね。

ほどよく自分だけの時間がもてる

友だちと遊んだり、一人の時間を満喫したり、生きていくうえで自分だけの時間を持つことってけっこう重要ですよね。短距離だと一人の時間を確保しにくくなりますし、長距離だと一人の時間が長すぎてさびしさを感じてしまう場合があります。

その点、中距離はほどよく自分だけの時間を持つことができるので、心のバランスが保ちやすいんです!

デート場所の幅が広がる

長距離の場合はお互いの中間地点を選ぶことが多く、短距離の場合は会う場所がいつも一緒になりがちです。中距離ならお互いの地元を行き来することもあり、普段のデートで訪れる範囲が自然と広がります。

「今日は彼女ちゃんの地元で会おう」ということもできるので、デート場所がたくさんあったほうが、デートそのものも新鮮に感じることができるんです!

ちょうどいい距離感が大事!

物理的な距離も心の距離も、ある程度はあったほうがうまくいきやすいということですね。近すぎると、その人が踏み込んでほしくないラインまで踏み込んでしまう場合がありますし、遠すぎると壁を感じてしまいます。

お互いにちょうどいい距離を保てるのが中距離なので、恋愛も近すぎず遠すぎずを意識してお互いの関係を築いていければ、案外簡単に恋愛がうまくいくかも……!? ぜひ参考にしてみてくださいね!