1. トップ
  2. ネイル
  3. 職場でNGにならないための『オフィスネイル』のコツ

職場でNGにならないための『オフィスネイル』のコツ

  • 2016.6.8
  • 1778 views

決して休日のようなノリでは選べない、仕事でのネイル。実際に、ネイルサロンに訪れる女性の中には「ネイルを楽しみたいけど職場の人の目が気になる」、といった悩みを持った方も多いようです。ネイルや髪型が自由な職場はともかく、基本的にオフィスでは派手なネイルはNGとなっています。だからといって一切ネイルをしないのは・・・と悩む人も多いはずです。今回はオフィスネイルを選ぶときのポイントや、NGなデザインなどを解説します。

何がOK?オフィスネイル

【イットネイル】職場(オフィス)ではどんなネイルでも許されるとは限りませんよね。

だからといって、「ネイルを我慢して何も塗らずに出かけるのはちょっとイヤ!」と感じる人も多いはず。

そこで今回は、オフィスネイルにおすすめのデザイン選びのコツを紹介します。

オフィスネイルの場合は、デザインやカラーだけでなく、長さや形にも気をつけましょう。

オフィスネイルの長さや形

当然ながら、長すぎる爪は地味なネイルにしても目立ちすぎるのでNGです。

オフィスワークをしている人の場合は、パソコンを打つときなどに邪魔にならないような長さに整えましょう。

反対に角が尖っている「スクエア」や、先端が尖っている「ポイント」などは避けたほうが無難です。

もっともおすすめなのは、ナチュラルであらゆるデザインも似合いやすい「ラウンド」のような丸みのある形です。

長さ・形ともに、ナチュラルに近くて清潔感のあるものを選びましょうね。

こんなデザインは避けたほうがいいかも

オフィスネイルでNGとされやすいのは、以下のようなデザインです。

・黒や赤など濃くて目立ちやすい色

・ゴールドなどの派手なカラー

・ストーンなどのデコパーツの使いすぎ

・大き目の3Dアート

・アニマル柄など派手な柄ネイル

・キャラクターなどの痛ネイル

同じ職場の上司だけでなく、お客さんなどにお茶を出すときにも爪が見えやすいです。

若い女性にとってはかわいくても、デザインによっては周りの人を不快にさせることがあります。

デコパーツは一切使ってはいけないというわけではありませんが、小さめのものをアクセント程度に少量使う程度にとどめましょう。

おすすめのオフィスネイルデザイン

・フレンチネイル

王道フレンチはオフィスネイルの強い味方!

ちょっと気分を変えたいときは、変形フレンチなどもおすすめです。

・ワンカラー

シンプルなワンカラーは、とにかく迷ったときのオフィスネイルとしてぴったり。

ただし濃いくて目立つカラーではなく、ベージュやピンクなど淡くてナチュラルなカラーを選びましょう。

・クリアネイル

クリアを多めにすることで、シンプル度が上がります。

クリアベースなら、ラメグラデーションなども派手になりすぎずにすみます。

・柄ネイル

控えめなカラーやモチーフを使った柄ネイルであればオフィスでもOK。

花柄・大理石柄・チェックなど、

あまり自由には選べないように見えるオフィスネイルも、意外と豊富に種類やカラーがあります。

TPOを大切にしながら、日々のネイルアートを楽しんでくださいね。

Itnail編集部