1. トップ
  2. おでかけ
  3. 原宿駅に2層の駅舎を新設 - 年始のみ使用している臨時ホームは外回り専用ホームに

原宿駅に2層の駅舎を新設 - 年始のみ使用している臨時ホームは外回り専用ホームに

  • 2016.6.8
  • 681 views

原宿駅など、複数の駅が、東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて、駅の改良を行うことが決定。

オリンピックの期間中、駅の利用が多く見込まれる競技会場周辺の駅や、ベイエリア競技会場等への主要乗換え駅において、改札口やコンコースの拡張、バリアフリー設備の拡充等の駅改良が計画されている。具体的に決定したのは、原宿駅、千駄ケ谷駅、信濃町駅の3つ。

原宿駅は、現在、年始のみ使用している臨時ホームを外回り専用ホームに変更。さらに、線路及びホーム上に2層の駅舎を新設し、コンコース、改札口、トイレを拡張して混雑緩和を図るほか、エレベーターを増設する。そして、明治神宮側には新たに出入口を設置。なお、今回新設する外回り専用ホームは、通路で竹下口改札にも接続する。 

千駄ケ谷駅では、現在使用していない臨時ホームを新宿方面の専用ホームに変更。改札口やコンコースを拡張し、混雑緩和を図る。また、動線がスムーズになるよう、新宿寄りに改札口を移設。さらに、ホームドアを新たに設置し、安全性の向上を図る。他にも、エレベーターの増設等、バリアフリー設備を拡充するほか、トイレを拡張。

信濃町駅では、ホームドアを新たに設置して安全性を向上。さらに、エレベーターの増設やトイレの拡張を行う。 

他の駅でも、駅改良を計画中。有楽町駅、新橋駅、浜松町駅、日暮里駅、大井町駅、新木場駅などが、今後、駅改良を検討している。