1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. カリブ海のリゾートでハートフルな愛の誓い。

カリブ海のリゾートでハートフルな愛の誓い。

  • 2016.6.8
  • 885 views

スーフリエール湾に面した美しい「シュガービーチ」を独占。©Sugar Beach, A Viceroy Resort

【さらに写真を見る】カリブ海のリゾートでハートフルな愛の誓い。

6月と言えばジューンブライド。今月は、最愛の人と過ごす最高にロマンティックでグラマラスなデスティネーションをピックアップ。第1弾は、カリブ海に浮かぶセントルシア島。マット・デイモンも永遠の愛を誓ったハッピーリゾートをご紹介。

マット・デイモンも選んだ非日常の贅沢リゾート。

愛妻家で有名なマット・デイモンが、ルシアナ・ボザン・バロッソと結婚したのは2005年のこと。今や4人の娘の良き父親になったマットが、結婚8年目に愛するルシアナと2度目の挙式を行ったのが、カリブ海に浮かぶ小さな国・セントルシア。ベン・アフレックをはじめ、ロバート・デ・ニーロ、エミリー・グラントなど錚々たるゲストと愛娘たちが見守る中、美しいオーシャンブルーの海に囲まれたリゾートで永遠の愛を誓った。

マット・デイモンが選んだのは「シュガー ビーチ ア ヴァイスロイ リゾート」。セントルシアの美しい海岸線に建ち、日常から隔離された贅沢なラグジュアリーなリゾートだ。シュガー ビーチ ア ヴァイスロイ リゾート(Sugar Beach, A Viceroy Resort)
Val des Pitons, Soufriere, Saint Lucia

TEL/+1-758-456-8000

FAX/+1-758-459-7667

E-mail/sb.info@viceroyhotelsandresorts.com

料金/1室1泊425ドル~(2016年6月現在)

http://www.viceroyhotelsandresorts.com/en/sugarbeach

希少な植物や動物が生息する豊かな自然。

シュガー ビーチ ア ヴァイスロイ リゾートのあるセントルシアは、カリブ海に浮かぶ人口18万人ほどの小さな島国。キューバやジャマイカ、ドミニカなどと同じ西インド諸島に属する。首都カストリーズは、カリブ海を巡る大型豪華客船の寄港地としも有名で、12月から4月のオンシーズンには、連日客船が港に停泊して多くのトラベラーが島に降り立つ。

セントルシアは熱帯気候で雨が多く、南西部に位置する唯一の世界遺産「ピトンズ・マネジメント・エリア」も常に深いグリーンに覆われている。リゾートから見える双子の火山、標高777mの大ピトン、標高743mの小ピトンの一帯には希少な植物や生物が数多く生息し、周辺の海には150種類を越える魚類やクジラやウミガメなど、多種多様な海洋生物が棲む。島の西側には、北部のロドニー湾からピトンにかけて美しいビーチが広がり、海に沈むロマンティックな夕陽が忘れられない。

洗練されたインテリアのプライベート感にあふれるゲストルーム。

客室はホテルルームとヴィラの2スタイル。部屋のタイプによって多少異なるが、天井や壁、ソファーやベッド、リネンなど、どの部屋も白を基調としたインテリアで、洗練された雰囲気に包まれている。大きく開かれた開放的な窓から見える青い海と空、豊かな緑が心を癒す。18世紀のさとうきび農園の跡地に建ち、「ラグジュアリー・シュガーミル(製糖所)・ルーム」と名付けられた11室のホテルルームからは、使われなくなった製糖所越しに、ピトンの神秘的な姿が顔をのぞかせる。すべての部屋は壁で仕切られたプライベートガーデン付きで、プライバシーも万全。高台からカリブ海のオーシャンビューを望む「グランド・ラグジュアリー・ヴィラ」は、二人だけのロマンティックなヴァカンスには最高のアコモデーションだ。

豊かな自然を取り入れたスパとダイニング。

「ザ・レインフォレスト・スパ」は、希少な植物や生物が生息するピトン地域の豊かな自然のエレメントを取り入れた癒しのスペース。そんな自然に溶け込むように連なるツリーハウスのトリートメントルームは、静寂な空気に包まれた"浄化"の空間。バナナ、ココナッツ、アロエ、ココアバターなど、効能に優れた植物を活かした天然由来のコスメだけを使い、ケミカルは一切使用しないナチュラル志向。最上のリラクゼーションをもたらし、身体を目覚めさせる。テマスカルと呼ばれるスチームルームでのデトックスやヨガ、フィットネスクラスも準備されている。

スパでのリラクゼーションタイムの後は、メインダイニングの「グレート・ルーム」でカリビアンテイストの上質の食事を。近海で獲れた新鮮なマヒマヒにはスパイスの効いたサルサソース、ジューシーな神戸牛には香り豊かな赤ワインソース。充実したワインリストが至福のディナータイムを演出する。

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む