1. トップ
  2. メイク
  3. 目を大きく見せてくれるアイライン。太さじゃない一番大切なポイントとは?

目を大きく見せてくれるアイライン。太さじゃない一番大切なポイントとは?

  • 2016.6.7
  • 13904 views

アイラインがうまく描けないというあなたへ

undefined

普段アイラインはどのように描いていますか?太く描けば描くほどに目が大きくなるという考えは大間違い。細いラインでもしっかりとポイントを抑えるだけで、くっきりとした印象の目元を作り上げることができるんです。それではポイントをチェックしてみましょう。

まつげの隙間を埋めることで黒目が大きく見える

undefined

大事なポイントはまつげの隙間をしっかりと埋めてあげることです。そうすることで黒目が自然と大きく見え、ナチュラルでありながらもしっかりとした印象の目元に仕上がりに。

描くときは線を一気に引くというよりも、画像の点線のような感じでスタンプを押してあげるかのように隙間を埋めていくと失敗しにくくなります。最後に、全体のバランスを見ながらアイラインを細めに引いてあげましょう。

比べてみるとしっかりと違いがわかります

undefined

まつげの隙間を埋めるように細いラインを描いた方と、描いていない方では目力が違いますよね。がっつりとアイラインを引いているという感じではなくても、隙間を残さないというポイントを抑えることでナチュラルなデカ目効果を実感できます。

undefined

目を閉じてみても細いアイラインが見える程度で十分。すっぴん風メイクや仕事の時のアイメイクとしても活躍してくれます。

K-パレット リアルラスティングアイライナー24h WP

出典:

@cosme

undefined

まつげの生え際は繊細で傷つきやすいので、摩擦による負担が少ないリキッドタイプのアイライナーがオススメです。K-パレットのアイライナーは汗や水に強いウォータープルーフでありながら、ぬるま湯で落とすことができる肌に優しいフィルムタイプです。

undefined

出典:weheartitより

いかがでしたか?ちょっとしたコツがプラスされるだけで、目元はぐっと引きしまった印象になります。コツをつかむととっても簡単にできるので、目を大きく見せたいという方はぜひトライしてみてくださいね。