1. トップ
  2. 恋愛
  3. え。「意識高い系」ってほめ言葉じゃないですから!「意識が高い人」との違いは?

え。「意識高い系」ってほめ言葉じゃないですから!「意識が高い人」との違いは?

  • 2016.6.7
  • 1396 views

「意識高い系だね~」と言われて気分よくなった経験、ありませんか? 実はその言葉、ほめ言葉じゃないんですよ~。

「意識高い系」とは、自分を過剰に演出するが中身が伴っていない人のこと。自分の経歴や人脈を演出し、自己アピールを絶やさない人のこと示すネットスラング(ネット上の隠語)なんだとか。

 

ちなみに本当に目標を高く持ち、向上心のある人のことは「意識が高い人」と言うみたい。「系」という言葉がつくだけで、プラスイメージが一転、マイナス要素を含む場合が多くなるので注意です。

オウチーノ総研が首都圏在住の20歳~39歳860名に「自分は『意識高い系』だと思っていますか? 言われたことはありますか?」と尋ねたところ、「意識高い系」だった人は約半数。


4人に1人は「自他ともに認める『意識高い系』」であることがわかりました。

その理由を尋ねたところ、「意識高い系」の人からは、「身だしなみや美容、健康に気を遣っているから」「こだわりが強いから」という意見が多く、中には「究極の完璧主義だから」(34歳/女性)とか「多分野にわたって知識を取り入れようと努め、自己改革を続けているから」(39歳/男性)といった人も。

一方、「意識高い系ではない」という人からは、「熱い性格ではないから」や「鈍感で、こだわりなどもないから」といった意見が多く聞かれました。

 

さて、それでは「意識高い系」と「意識が高い人」の違いは?

では似ているようで全く意味が違うという「意識高い系」と「意識が高い人」の特徴は何なのでしょう。


「意識高い系」の特徴最多は、「自己アピールが強い」で42.6%。次いで「自己啓発本やビジネス書を読む」(32.1%)、「自己啓発セミナーや講演会に参加する」(30.0%)と続き、「自分磨きをしている」という人も約3割。

一方、「意識が高い人」の特徴は、「知識の幅が広い」が最も多く36.3%、次いで「自分磨きをしている」が36.2%、「夢や目標を持っている」が32.4%という結果に。

 

こうしてみると、「自分磨きをしている」などは両者に共通する特徴のようですが、「自己アピールが強い」「横文字を多用する」「上から目線」「寝ていないアピール・忙しいアピールをする」「スタバでMacBook」などは「意識高い系」ならではの特徴であることが明らかに。

逆に「意識が高い人」は「仕事に一生懸命」で「ストイック」な人が多いことがわかりました。

実際は「意識高い系」についてどう感じているのでしょう。

意外にもポジティブなイメージを持つ人は多く、36.6%の人が肯定的だと回答。その理由としては「前向きだから」「努力をしているから」などの声が多数。中には「何もしないより良い」や「自分に自信があるから」という意見も。

そしてネガティブなイメージを持つ人は24.7%。「中身がないから」「揶揄して使う言葉だから」という意見が多く聞かれました。

言葉の意味だけを見るとマイナスイメージがある「意識高い系」ですが、実際は「意識高い系」の社会人が多く存在することもあって、現代の世の中では受け入れられているようです。

確かに「意識が低い人(意識低い系)」よりは「意識高い系」の方がやる気があってプラスの印象なのかも!? とはいえ本当ならば「意識が高い人」と言われたいですけどね。(いしかわちえ)

※情報提供元:株式会社オウチーノ