1. トップ
  2. スキンケア
  3. 特別なことなんてしない……! 5つの基本ケアが“綾瀬はるか肌”をつくる【前編】

特別なことなんてしない……! 5つの基本ケアが“綾瀬はるか肌”をつくる【前編】

  • 2016.6.6
  • 27356 views

出典:

pinterest

undefined

え、あの人って30歳? でもあの美肌……20代のころよりキレイなのはなぜ!? アラサー女優やモデルを見て「なんでずっと美肌なの?」と不思議に思ったことはありませんか?

高いお金かけてるからでしょ~とひねくれてはいけません。どんなに多忙でも肌トラブルを起こさないことでも有名な綾瀬はるかさんの美肌の秘訣は、“特別なことはしない”こと。毎日続けられるように、当たり前のことをコツコツと積み重ね、キレイを磨く努力をしているのです。

美肌力は「基本のケア」を意識するだけであがる!

出典:

we heart it

undefined

綾瀬さんの美肌は、不思議と年齢を重ねるほどに磨きがかかっていくよう。それなのに特別なことはしない、なんて信じられないような気もしますが、毎日のケアに注意しているからこそ、いくつになっても美肌がキープできるのかもしれませんね。

「私だってケア頑張っているのに、効果が出ない!」という方は、もしかしたら、毎日なに気なくおこなっている基本のケア習慣が、じつはニキビや肌荒れのモトになっている可能性も……。今回は、アラサー美肌美人さんたちから学ぶ正しい基本のケア習慣をまとめてご紹介したいと思います。

叩いちゃダメ! とってもデリケートなお肌をよく知って

出典:

we heart it

undefined

まずは、基本のケアでやりがちなNGまちがいケアからチェック! 顔は、全身のなかでも非常にデリケートにできています。たとえば、顔は軽く叩く程度でも毛細血管が切れて、全体のトーンがくすんでしまうこともあるのです。

ケアのさいに、顔をパシパシッと叩くクセはありませんか? ドキッとした方も多いのではないでしょうか。化粧品を浸透させるために、手のひらでパシパシと叩きいれる「パッシング」。じつは肌にダメージを与える原因といわれています。そのほかにも肌によかれと思って続けているケアや習慣が、肌荒れや老化の原因になっていることも!

劣化知らずの美肌美人がやっている基本ケア習慣5つ(1~2)

1. 洗顔前に必ず手を洗うようにしましょう!

洗顔時には「お湯ではなくぬるま湯で洗う」「ゴシゴシこすらずやさしく洗う」など、守りたいことがたくさんありますが、あまり知られていないのが“洗顔前に手を洗うこと”です!

食事をする前に手を洗うのは、手に多くの雑菌やバクテリアなどが潜んでいるからですね。顔を洗うときはどうでしょうか? 汚れた手で顔や体を洗うのは、雑菌を肌に塗りつけるようなものです。この雑菌のせいで、ニキビができたり肌が荒れてしまうこともあります。どうせ一緒にキレイになるのだから……と甘くみてはいけません!

2. 洗顔後の洗い流しはしっかり、じゅうぶん行う!

出典:

we heart it

undefined

肌荒れの原因として、とても多いのが「洗い残し」です。しっかり洗い流したと思っていても、意外とすすぎ不足で多くの洗顔料や石けんが顔や肌に付着したまま……というケースが少なくありません。洗顔料が肌に残ったままだと皮脂腺や汗腺の出口がふさがり、ニキビや吹き出もの、肌荒れなどあらゆる肌トラブルを引き起こしかねません!

また洗顔料のすすぎ残しがくり返されると、肌が新しい角質に生まれかわるのをさまたげて、正常な新陳代謝が行われにくくなってしまいます。すると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、シミ・シワ・くすみなどの老化サインも促進されてしまうのだとか!

肌荒れだけではなく、老化も進んでしまうなんて怖いですよね。とくに髪の生えぎわなどはすすぎ残しが多いので注意。洗顔料で洗ったあとは、すすぎ残しがないか鏡でよくチェックしながらじゅうぶんに洗い流すようにしたいですね。

洗顔時に注意したいポイントは2つ、たったこれだけのことですが、毎日意識して行うかどうかが未来の肌状態を左右します。洗い流しがしっかりできていないことで肌老化が進むケースも多い層なので注意したいですね! 次回は後編の~基本ケア習慣編~をご紹介します。