イイ男と恋愛&結婚するには!? イケメン座談会から分かった実態調査【第1回「ハイステイタス」イケメン編】

弁護士、医者、スポーツ選手etc…魅力的な肩書のうえ、イケメンであればさらにモテるはずの彼ら。競争率もトップクラスの「ハイステイタス」男子が結婚相手としてどんな女性を選ぶのか、本音のところを聞いてきました!

第1回「ハイステイタス」イケメン編

【左】海老原直樹さん(27歳)医師

身長:178cm 体重:72kg ひとり暮らし 趣味:サッカー、フットサル、酒 彼女:募集中

【左中】刈谷龍太さん(30歳)弁護士

身長:175cm 体重:70kg 実家暮らし 趣味:サッカー、フットサル 彼女:募集中

【右中】戸田有悟さん(35歳)大学職員

身長:170cm 体重:64kg 家族構成:妻と二人暮らし(既婚) 趣味:サッカー、音楽

【右】廣川貴司さん(28歳)広告代理店

身長:186cm 体重:64kg ひとり暮らし 趣味:テニス、読書 彼女:有

ステイタスの高いイケメンは、「ありのままの自分」を好きになってくれる古風な女性が好み!?――今日は、イケメン男子たちの結婚観、恋愛観についてお話をお伺いしたいと思います。みなさん、医者、弁護士、広告代理店、元プロサッカー選手の現コーチと、なかなかのステイタスでいらっしゃいます。さっそくですが、未婚の男子3名は、今現在彼女はいますか? どんな人?

廣川貴司(以下廣川、敬称略):僕は彼女います。年下のやさしい人。

海老原直樹(以下海老原、敬称略):俺はいないです。いま彼女募集中です。

刈谷龍太(以下刈谷、敬称略):僕も募集中です。

――これはみなさんチャンス(笑)。恋が始まるとき、自分からアプローチすることが多い? それとも相手から好きなんですけどって言われることが多い?

廣川:今までつきあった人は皆、女性から言ってもらいました。今の彼女は、友達づてに僕の連絡先を知りたいんだけどって言われて。

海老原:俺は全く逆で、付き合った人は全部自分からアプローチ。おらおら系で攻めてます。

――どんな女性が好み?

海老原:難しいですけど、お歳暮をしっかり出せるような、古風な人がいいです。「年賀状出しといたよ」とか、さりげなくやっておいてくれる人が好きですね。

――もしかして、海老原さんのママがそういうタイプ?

海老原:うちの父は仕事ばっかりで、母親が専業主婦で、家事とか家のやりくりは母親が全部やってました。

――お母さんがやっていたことを、自分の奥さんに求めてしまう。

海老原:そうですね。求めてしまう。

――刈谷さんは、自分からアプローチするタイプ?

刈谷:昔は全部自分からでしたが、弁護士になってから、女性から来てくれるようになりました。今でも自分から行きたい願望はあるんですけど。

――ステイタスに寄ってくる女は嫌?

刈谷:そうなんですよ。もっと中身、ありのままの俺を見てほしい。

戸田有悟(以下戸田、敬称略):ありのまま(笑)。凍っちゃうよね、それは。本当の愛じゃないとね。

――いい発言です(笑)。好きな女子のタイプは? ステイタスに惑わされない女のほかには?

刈谷:よく笑うけど、あんまりグイグイこない人がいい。自分から話も振ってくれつつ、こっちの話したいことにかぶせて打ち消したりとかはしない。ちょうどいい案配の人。

戸田:皆のところに連れて行っても、気を遣わなくていい子がよくない? 僕、結婚したのは、それが決定打なんです。僕の仲のいい友達のところに連れてっても、僕が気を遣わなくてもいい。

女性からのアプローチはアリだけど、しつこいのはイヤ!?――だんだんハードルが高くなってきましたけど。女性からアプローチされて、良かった例、逆にイヤだった例を教えてください。

海老原:イヤだった例は、暗に食事の誘いとかを断ってるのに、1週間とか1ヶ月空いてまた誘ってくるとかは、イヤですね。男側に気があったら、その日がダメですもこの日空いてるけどどう? とか、スケジュール調整するはずなので。

――海老原さんは救命医のお医者さんなので、忙しいですよね。私は相談所をやってるのですが、お医者さんとお付き合いしている人からは彼氏が仕事仕事で、全然デートができない、どうしたらいいんですかっていう相談が圧倒的に多いです。彼女を放っておいたりすることはないですか?

海老原:いや、たぶんすごくあります。でも、仕事を含めて、自分をわかってくれる人じゃないと、その人とは縁がなかったって思います。

――私、元旦那がお医者さんで、全然帰ってこなくて、育児も自分ひとりで抱えてキーってなって、離婚しましたから。お忙しい人と結婚するもんじゃないって、つくづく思った。これ、私の意見ですけど。はい次。

戸田:ははは(笑)。

■付き合う=結婚が前提! 女子の家庭力は付き合う前にチェック済み!?――これから付き合おうというときは、結婚は意識しますか? ただ遊ぶだけとか、エッチするだけみたいな感じなのか…。

海老原:俺は結婚したいなと思った人としか付き合ったことはないです。

刈谷:付き合うときは結婚を考えますよ。結婚する気がない人と付き合うってあんまり聞かない気がします。そもそも付き合わない。

戸田:ただ、向こうが付き合ってると勘違いしてる場合はあるかもしれないですね。付き合おうっていう話をしてないのに、向こうが勝手に付き合ってると思ってる話はよく聞きます。

――本当に大事な人とは、付き合う=結婚。それ以外だったら遊びっていうことですね。お付き合い始めるときに、女性の職業とか年齢とか、重視することはありますか?

廣川:理想はひとり暮らしをしていて、家事がある程度できる人。金銭感覚とか、生活のリズムとか、すごく大事なのかなって思っていて。

海老原:俺、料理ができる人がいいですね。しょうが焼きと豚キムチですね。

戸田:男ってそれでいいんですよ、がっつり系で。カレーとかね。食材にお金かけなくていいんですよ。別に成城石井とかで買わなくていいんです。普通のカレーが出てくればいいんだよね。小さい頃から食べてるものが結局欲しいんですよ。

――こんな人とは付き合いたくないというのは?

廣川:僕はですね、ムダ毛の処理をしない人がすごいダメなんですよ。自分に気を遣えない人は他にも気を遣えないのかなって思っちゃいます。

戸田:そいういう人は、きっとお歳暮は贈れないね。

海老原:自分も一緒で、美容とかに気を付けてない人はダメですね。

――それは洋服とか髪型とかだけじゃなくて、全て? 美容とかダイエットとか。

海老原:そうです。ずっとドキドキさせてほしいです。

――ひえ~。それは結婚無理!(笑)

■ハイステイタス男子は、家事育児を分担したくないのが本音!?――奥さんは専業とワーキングウーマン、どちらがいいですか?

廣川:僕はやっぱり子どもができたら専業がいいかなと思ってます。自分がそうじゃなかったので、鍵っ子がイメージできないんですよね。

海老原:俺も専業主婦がいいですかね。働きたいと思っているなら、自分の時間を活かしてやってもらう分には構わないですけど、それで家事とかがおろそかになるんだったら、しないで欲しいって言うかもしれないです。

刈谷:僕はどっちでもいいですけど、専業主婦だとね、家でストレスがたまると思うんですよ。それを発散する場所がないと、結局自分に返ってくるから、家事とかにそれこそ支障が出ない範囲で、適度に外行って発散してくれたほうが。

――家事に支障がない程度の働き方っていうのがまた難しいんですが。

刈谷:そこは、分担するかどうかっていうのも話し合いなんじゃないですかね。

――家事育児は分担したい? でも、廣川さんは分担じゃないよね。専業主婦希望だから。

廣川:そうですね。でも、土日は逆に、僕が掃除機かけたりするはいいのかなとか。

――平日はやってくれと、土日は手伝うぞと。海老原さんは、家事育児分担は? 無理だな。

海老原:そうですね。

――刈谷さんは?

刈谷:僕もイヤです。自分からやるのはいいんですけど、分担となると、自分の役割が出ちゃうんで、やらされてる感出ちゃうじゃないですか。それがイヤなんですよ。やらなきゃいけないっていうのがイヤで、気が向いたときだけやらせて欲しい。

――うわぁ、厳しい。

■若い頃に遊び尽くした男性は、浮気しない!?――戸田さんは結婚して4年目ということですが、普通の夫婦はマンネリ化して冷めていくけど、なぜ戸田さん夫婦はラブラブでいられるのか? まず、奥さんを選んだ決め手は何ですか?

戸田:決め手は、僕の職業ではなく、僕を人として好きになってくれたことです。

――奥さんと出会ったときは、サッカー選手だったから?

戸田:当時はサッカー選手という肩書が好きで近寄ってくる女性が多くて、それがわかるともういいやって思う。でも今の奥さんは、サッカーを知らなくて、さらに友達のところに連れていったときに、自分が気を遣わなくてよかったっていうのがあって。僕はサッカーに集中したくて、彼女はダンスを頑張りたいっていう、お互いやりたいものがあったのも良かったです。

――8年間付き合ってから結婚したんだよね。決め手は、サッカー選手というステイタスじゃないところを好きになってくれたから。結婚してよかった点は?

戸田:よかったところは、常に味方がひとりいるってところ。上手くいかなかったときでも、何かあったときでも、自分のことをわかってくれる人がいる。

――一緒に家事をやるの?

戸田:お皿を一緒に洗ったりとか。あと、サイコロでちょっとゲームっぽくどっちがやるか決めたりとか。

――ゲームができること自体、夫婦仲がいい証拠! 冷えてくるとゲームとかできなくなる。これから結婚相手を見つける人にアドバイスをお願いします。こんな男とは結婚しないほうがいいよとか。

戸田:若い頃、恋愛をあんまりしてなかった人と結婚すると…問題が起こりやすい。若いころいろいろ遊んでた奴って、結婚すると結構上手くいってる人が多いような。なので、人との関わりも経験値が多い人の方が、こういうことしたら心痛むよねっていうのが分かってると思うので、僕はいいと思います。

刈谷:旦那が浮気するパターンは「若い頃遊んでなかった」っていうのが多いです。弁護士としてそういう人をいっぱい見てきたから、若い頃遊んでた人がいいっていうのは同意かも。遊んできた人って、例え浮気をしたとしても、隠し方が上手いんじゃないかな。遊んでこなかった人は、初めて浮気すると、隠せなくて大騒ぎに。遊んできた人は浮気は遊びだと割り切って終了なのに、経験値が少ない人だと、結果的に離婚になっちゃうケースが多いです。

戸田:それ、超説得力あるわ。

刈谷:たぶんいろんな要素が絡み合って、結果的には若いとき遊んでた人がいいってことになる。

――浮気する人は、一生しそうなイメージがあるけど。一生浮気する人と、途中でやめてくれる人との違いは?

戸田:人の痛みがわかる人か分からない人かどうかかな。浮気を妻が知ったときに、どれくらいショック受けるんだろうなって思ったときに、じゃあダメだ、それで妻を失うのがイヤだって思える人なら浮気しないんじゃないかな。僕の場合は、もしかしたら、そう思うように妻に洗脳されているのかもしれないけど。だとしたら妻の方が上手ですね(笑)。

――今日は、恋愛と結婚についての貴重なご意見をありがとうございました。

■恋愛・夫婦仲コメンテーター二松まゆみさんがイケメンの恋愛&結婚観を分析!――ステイタスが高いイケメンのみなさんは、奥さんは専業主婦だったり、ゆるく働く兼業主婦を希望していたので、正直、いまだにそうなんだ! と驚いたのですが、ハイステイタス男性は若い方でも、全般的にそうなのでしょうか?

二松まゆみ(以下二松、敬称略):はい、いまだにそうです。仕事のスタイルにもよりますが、ハイステイタスの男性は仕事量、人的交流が多いし、ストレス負荷もかかります。家事は有償で専門の会社に依頼する事で自分のパフォーマンスを保てるというひとり暮らしの人もかなりいます。おかあさんが専業主婦の家庭に育つとますます「家事・育児・親戚との付き合い=妻の役割」という認識が強くなると思います。母親がやっていたことを自分の妻ができないなんてこたあないだろうと。

「妻が働くのはかまいませんよ」とかっこつけて言いはするけれど、自分が帰宅したときに妻が留守でリビングが暗くて寒かったりするとイラっとする。彼らが幼少の頃にそんな状況はなかったから。いつもおかあさんがおやつや手作りハンバーグを作って待っていてくれた思い出がよぎるわけです。「俺は100%出しきって仕事して、平均以上に稼いでるんだから家にいるときくらい癒してくれよ」となるわけです。

私の運営する夫婦仲相談所にも「夫は私の事を家政婦と思っています。」という内容があとを絶ちません。特にハイステイタスというわけでなくても妻みずからが「私は家政婦」という言葉を口にしてしまうのが現実です。結婚するときに「君も働き続けていいんだよ」という甘いささやきに決してだまされてはいけません。嘘です。

――これからの時代、専業主婦でずっとやっていくには女性にとってリスクが高く、怖いな…とも思うのですが?

二松:はい、リスキーです。激変する社会において、メンタルが弱い男性はバランスを保つために飲酒、ギャンブル、浮気、投資、などに走りがち。「こんな夫とは無理」と感じたとき、経済的自立をしていないと非常に苦しいものです。ハイステイタスの男性にも何が起こるかわかりません。ハイステイタスなりのリスクはあります。挫折に弱いかもしれませんよ! なので専業主婦はおすすめしません。

――彼らのママレベルの主婦力が求められていて、若い世代の女性にとってはなかなか厳しいと感じましたが…?

二松:厳しいと思います。女子力をあげる、モテる女になる、などメディアではいろいろアドバイスがありますが「カレママ」と同レベルの家事力、包容力をめざすのが結婚への近道でしょう。きれい&かわいいだけでは、長続きしません。

――彼らを攻略するには、1 家庭力 2 人づきあい力 3 男性をたてる力 が必要? 古風な気がしますが、現代を生き抜くには、それにプラスしてどんな力が必要?

二松:何かアクシデントがあったら自分が稼ぐくらいのタフマインドを持っておくと安心です。さきほども言いましたが、ハイステイタスな男性だからこそ落ち込みが激しかったり、リスキーな事業にチャレンジしたりしがちです。天狗になるおそれもあります。それをしたため、許し、寄り添うタフな精神を養いましょう。あ、お姑さんが人一倍厳しいかもしれません。そこも覚悟です。滝打ち修行か座禅でもしないと無理か?!

それと、結婚の重要ポイント、「依存度」ですがこういう彼を求める方は「依存したい」気持ちが見え隠れします(特に経済面)。もちろん頼られたいという男のプライドは尊重しなければなりませんが、頼りすぎると重く感じられる。男とはやっかいなものです。「依存度」を絶妙に使い分ける大人の女をめざさなければうまくいきません。ちなみに、自立しすぎている女を彼らは好みません。本当は自立していても、「あなたがいないとだめ」というかわいい演技ができるくらいになっておきましょう。

――ハイステイタスイケメンとの結婚を目指す人へ、二松さんからアドバイスをお願いします。

二松:私は過去、それで失敗していますから、あれこれ言えます! 「たまたま愛した男性が年収1000万以上でイケメンでやさしかった」というプロセスをたどる人が真のシンデレラです。謙虚が成功への鍵。つい、外見とステイタスでこだわって、本当に自分に合っているのかを確認せず結婚してしまうと痛い目に遭います。結婚前に、ステイタスとルックスをさっぴいても愛してると言えるのか、自問自答する事。彼が交通事故で顔に傷ができて、仕事も激減しても私、がんばる…と思えるように。

そして、結婚前に二人でとことん自分の自信がない部分や嫌な部分をさらけだして話し合うといいでしょう。「えー! そんなとこもあるの? でもだいじょうぶ」と言えると、相手もそういう態度になってくれます。これからそういう彼を見つけたい方は、しょっぱなから「家事育児は平等」などという言葉は言わず、私も仕事は辞めないけど、なるべく家事もがんばる! くらいの「かわいげ路線」がいいでしょう。”仕事を頑張りすぎる女性VS俺の事、家庭の事を一番に思ってくれる女性" の図ですと彼らは後者にプロポーズします。

編集部まとめハイステイタスのイケメン男性との結婚は大変そうだなぁ……と感じた人も多いのではないでしょうか? しかし一方で大きな幸せを掴んでいる人も多いのです。大きな努力を払う分、幸せも大きく育つのも事実なのかも。

1.「ハイステイタス」イケメンは、ステイタスを魅力に思って寄ってくる女性には警戒心が強く、“ありのままの自分”を好きになってきちんと立ててくれる古風な女性を好む

2.「カレママ」と同レベルの家事力、包容力をめざすのが結婚への近道

3.「たまたま愛した男性が年収1000万円以上でイケメンでやさしかった」というプロセスをたどる人が真のシンデレラ。謙虚が成功への鍵

(二松まゆみ)

元記事を読む
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。