1. トップ
  2. グルメ
  3. 何もしないのにスリムなあの子の秘密! ガマンなしダイエット

何もしないのにスリムなあの子の秘密! ガマンなしダイエット

  • 2016.6.5
  • 35246 views

スリムな子の言う「何もしてないよ」なんてウソだと思いますか? スリムな美人の生活を見てみると、ガマンは少ないのに効果が大きい美習慣がたくさん見つかります。マネすれば、夏までにストレスフリーでスリムになれるかも?

飲み物は水かお茶

痩せている人がジュースや甘いコーヒーなどを飲んでいることは少なく、例えスタバに行っても普通のコーヒーやシンプルなソイラテがほとんど。

でも、飲み物を水か無糖のお茶にするとどんな差がつくのでしょうか? 一般的なペットボトル飲料には、50グラム以上の砂糖が含まれていますが、飲み物では甘さを実感しにくいため、楽に飲めてしまいます。

砂糖は100グラムあたり389キロカロリーなのでこれだけでカロリーオーバーに。さらに、液状の糖質は固形のものより早く消化・吸収されるうえ、血糖値が激しく上下するので、太りやすく、食事での満足感も感じにくくなってしまいます。

飲み物をノンカロリーのものに変えれば、多少おやつを食べたとしても、甘いドリンクを飲むよりずっと糖分とカロリーの摂取量が低くなり、ストレスフリーで痩せる体質に近づきますよ。

 

よく寝る

「寝ないほうが痩せる」という人もいますが、実はやつれているだけのことも。健康的に細い人は睡眠時間が長めの傾向があるようです。

睡眠不足になると、満腹感を感じさせるホルモン「レプチン」が出にくくなり、食欲を刺激する「グレリン」というホルモンが多く分泌されます。

寝不足の次の日にドカ食いをしてしまった経験のある人もいるのではないでしょうか?これは、グレリンの本来の目的は栄養補給なので、ラーメンや揚げ物など高カロリーのものを摂るよう、体に指令を出してしまうからなのです。

睡眠不足だと満腹感が得られにくく、ついつい食べ過ぎてしまいます。しっかり睡眠をとるだけで、食欲のコントロールが簡単になりますよ。

 

ワンプレートを活用する

スリムな人がカフェなどで食べている、オシャレ感の高いワンプレートランチ。あの一皿には痩せる秘密がたくさんあります。

カレーやパスタ、カツ丼などの単品メニューは、カロリーが高いイメージがありますが、それ以上に問題なのは「つい食べ過ぎてしまうこと」。同じ味がずっと続く単品メニューは、満足感を感じにくく、思った以上に量を食べ過ぎてしまいがち。

かといって、居酒屋メニューのように大皿からいろいろなものを食べるスタイルも、トータルの量が分かりにくいものです。ワンプレートメニューはお皿ひとつで完食する分、食べた量が把握しやすいのが大きなメリット。見た目がキレイなことも満足感アップに貢献します。

そんなカフェ風のオシャレワンプレートは、彩りのいい野菜を中心にバランスよくお皿に乗せないと完成しません。盛りすぎると見栄えも悪くなるので、自然と、バランスよくて量も控えめのメニューになります。

「キレイな人はキレイなものを食べている」と言われますが、それにはこんな理由があったんですね。

飲み物や睡眠時間、食事メニューへの気配りは小さな努力ですが、毎日必ず差がつく部分。食事制限や激しい運動で心が折れるより、美人の習慣をゆるくマネすることで確実にスリムになる近道なのかもしれません。

(中野亜紀/ライター)