1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「出会えない」と嘆く女性、自分から恋愛に遠ざかってない?

「出会えない」と嘆く女性、自分から恋愛に遠ざかってない?

  • 2016.6.4
  • 32489 views

先日、知人の30代女性から「彼氏が欲しいから、誰か紹介して」と相談を持ちかけられました。

ちょうど同じような考えを持つ男性の友達が何人かいたので、そのなかでもまじめに働いていて、年収も500万円以上、ルックスもまあそこそこの友達を紹介することにしました。

まずは知人女性にその友達の画像と、簡単なプロフィールを送ったんですよね。個人的には、これで万々歳。「是非カレを紹介してくれ!」と言われると思い込んでいました。

しかし返ってきた言葉は「なんか違う。もっといい物件ないの?」でした。せっかくこっちが相談に乗って、そこそこの友達を紹介したというのに、なんでこんなことを、実際に会って話もしていない状態で言えるんだろう。

正直、神経を疑いました。

この知人女性、思えば何年も前から、「彼氏が欲しい、彼氏が欲しい」と周囲に愚痴っているんですけど、その割には本気で彼氏を作ろうとしていないように映ります。

で、こういう女性ってなにも彼女だけじゃないと思うんですよね。漠然と彼氏が欲しいと思っても、自分から動こうとしないから、いつまでも彼氏ができないって女性、結構多くありませんか?

彼氏は欲しいが恋愛はめんどくさい系女子って一体……

今回僕に「オトコを紹介してくれ」と言ってきた知人女性に対しては、さすがに「人に骨折らせておいて、その言い草はないんじゃない?」と怒ったんですよね。

すると彼女は「なんかよく考えたら、恋愛がめんどくさいのかも」という頼りない言葉を放ってきました。だったらこっちに彼氏候補を紹介させないでくれよ、俺も暇じゃないんだよって感じなんですけど、恋愛程度がめんどくさいって、それ普通に考えてヤバいと思うんです。

男女の関係って、言わば生きてるうちの、しかも若い時間限定のスパイスみたいなものじゃないですか。僕なんかはもう30代。「ああ、もう少しすれば恋愛もそうそう楽しめなくなる」と焦っているぐらいです。

それなのに、恋愛を面倒に感じてしまって、せっかくの恋愛適齢期に十分異性と過ごさなかったって人、将来必ず後悔すると思うんですよね。

若さも有限。女性としての魅力も有限。言葉は悪いですが、いずれは誰からも見向きもされなくなる可能性が高いんです。そうなってから「恋愛したい」なんて思っても遅いわけです。

今、まさに今恋愛していないと、今後はもっともっと恋愛がしにくくなるわけです。

 

恋人候補を選べる立場にある女性は少ない

恋愛って、一方が「この人と付き合いたい」と思って成就するものではありませんよね。お互いの気持ちが一致して、初めて恋愛は可能になります。若く、魅力的な時代であれば、この気持ちの一致も比較的簡単です。

若いカップルなんて、言ってしまえばお互いの若さに惹かれて愛し合ってるようなものです。若さって、それだけ強みのある武器なんですよね。

しかしこの武器も、25歳以降からは、だんだん異性に通用しなくなってしまいます。

やがては気が付くと武器が磨り減って、素手になっている状況に気が付くことでしょう。鏡を見れば頭に白い物が混じっていたりして、自分の恋愛適齢期の終わりが迫っていることを実感する日が、必ず来ます。

ここに及んで恋人をある程度選べるという人は、よほどお金持ちか、よほど美人か、どちらかです。

冒頭で紹介した知人女性なんて、どちらも持ち合わせていません。善意というか、ある種のエールみたいな気持ちで男性を紹介したようなものです。

後日、「やっぱりこないだのアレ、紹介してくれない?」と言われましたが、当然断りました。恋人候補を選べる立場にある女性なんて、ほんの一握り。それ以外の人は、得られたチャンスには貪欲に食らいつくぐらいの勢いがないと、20代後半以降の恋愛の機会は、グンと減るでしょう。

 

「出会えない」と嘆く女性は世間に少なくありません。でも、「出会えない」と「出会わない」を混同しているという女性もいるように思えます。

それじゃダメです。

周囲にいい男性がいないなら、自分でなんとかするんです。社会人サークルだとか、街コンに参加しさえすれば、異性なんてぞろぞろ出会えます。

自分の人生ですから、恋愛をするもしないも自由ですけど、周囲に「恋愛したい」と言っておきながら、奇跡の出会いが訪れるのを待っていても、あまり意味はないでしょう。

白馬の王子さまにも選ぶ権利があります。受身でいるだけの女性より、自分に積極的にアピールしてくる女性の方に魅力を感じるはずです。

(松本ミゾレ/ライター)