1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋愛で主導権を握るのは女性だけど、結婚の決定権は男性にある!

恋愛で主導権を握るのは女性だけど、結婚の決定権は男性にある!

  • 2016.6.3
  • 33222 views

婚活をする女性は、合コンや街コン、あるいは結婚相談所を通じてのお見合いなどで旦那さん候補を探しているでしょうし、すでに彼氏がいる女性も30歳を境に、「そろそろ籍を入れたい」と結婚へ向かう準備を進めるんではないでしょうか?

けれど、結婚を望むようになると、なんだかうまくいかないと困惑する人が結構いるようです。しかも、それまで恋上手と自覚していた人ほど、思い通りに事が進まず、もどかしい気分になるのかもしれません。

その原因は、恋愛と結婚がそもそも別物だという点にあります。

恋をするのと同じ感覚で結婚を求めれば、行き詰ることが多く、失敗も少なくないでしょう。

結婚の決定権は男性が握る!

男性にとって結婚とは、女性よりも人生を大きく左右する重大なものです。

バブル期の超有名ディスコ『ジュリアナ東京』でお立ち台クイーンと呼ばれ、現在は婚活トレーナーとして活躍する荒木師匠こと、荒木久美子さんはこう言います。「多くの男性は、結婚相手が人生でもっとも高価な買い物であり、その支払い(ローン)は人生であると認識している」と。

一方、恋愛で主導権を握るのは大抵の場合、女性です。オラオラ系の彼氏と受け身の彼女ですら、関係性を動かしているのは女性だといえます。

男性は好きな女性の望みを叶えてあげたいとか、好きな女性の憧れる男性像に近づこうなどと考えて行動するものなのです。

また、彼女候補にする女性の基準は「顔がカワイイ」とか、「性格がやさしい」などといったものが多く、相手の経済状況などは無視することが多いはずです。

 

男だって、女性の年収を気にする

結婚において男性は、女性の仕事や収入を気にします。彼女として付き合うぶんには定収入でも「ま、いっか」と思いますが、奥さん候補と考えれば、お金周りをひそかにチェックしているでしょう。

またそれは、妻に養ってもらおうと考えるためではありません。「社会的に自立した人間かどうか?」を判断したいんですね。

たとえば……一度も正社員として働いた経験がない、年収200万円以下の実家暮らし(親元を離れたことナシ)という女性に対しては、少なからず警戒します。どんなに外見が良くても「妻としては足りない部分が多いのでは?」と考えてしまうはずです。

 

結婚しない女性とも男は付き合う

男性の中には、「このコとは結婚する気がないけど、顔がカワイイし、性格も好みだから付き合う」という考えの持ち主がいます。フリーの状態で寂しい思いをするよりは、結婚に繋がらない恋でもしていた方がマシ、という感じなんでしょうか?

つまり、そういう男性としては、別れることを前提に付き合っているという感覚なんですね。あるいは、そもそもキープで、本命にできる女性と出会えたら関係を切る! なのかもしれません。

何ともヒドい話ですが、そのくらい男性の中では恋愛と結婚は別物だという意味です。

 

恋愛上手な女性は結婚に不向き?

小悪魔系女子は男性ウケが良いですが、駆け引き上手な恋愛上級者ほど、結婚を見越した恋では敬遠されがちだといわれます。

理由は、結婚に駆け引きは必要ないから。心をさらけ出して本音を言い合わなければならない場面もありますし、気持ちが読めない相手とずっと暮らしていくなんて、疲れるばかりです。

男性は彼女にドキドキ感を求めますが、奥さんには安心と癒やしを求めます。

ですので、恋多きモテ女性は、男性も少し話しただけでわかるでしょうけど、その時点で「ナシ」と決定されているはずです。アラサー適齢期の男性ほど、そういう思考回路になっていることが多いといえます。

 

20代半ばまでは、恋人に求めるものと結婚相手に求めるものが違うなんて、いまいちピンとこないかもしれませんね。

でも、年齢を重ねるごとに、それがどういう意味かわかるはずです。

また、同世代で既婚となった友人がいるなら、結婚のリアルを聞いてみるのも良いでしょう。そういう地に足のついた価値観を備えるなら、婚活をするにしても動き方が変わってくるのでは? と思います。

【Photo】tonynguyenstudio

(参考)荒木久美子著『アナタたち、「いつか結婚できる」と思っているでしょ?』アース・スターエンターテイメント

(岡崎咲/ライター)