1. トップ
  2. レシピ
  3. 速水もこみち、キッチンブランド“MOCOMICHI HAYAMI”立ち上げます。【インタビュー 前編】

速水もこみち、キッチンブランド“MOCOMICHI HAYAMI”立ち上げます。【インタビュー 前編】

  • 2016.6.2
  • 685 views

朝の情報番組『ZIP!』内で料理コーナーを担当し、見事な腕前を披露する俳優の速水もこみちさんがキッチンブランド“MOCOMICHI HAYAMI”を6月15日に立ち上げると聞き、インタビューを行い、ブランドのことや料理について、またプライベートについてもお話をうかがいました。インタビューは、3回に分けてお届けします。

まず、前編は“MOCOMICHI HAYAMI”の立ち上げのきっかけや働く女性へお勧めの料理などです。


Woman Insight(以下、WI) 新たなキッチンブランド“MOCOMICHI HAYAMI”を立ち上げたと伺いました。きっかけを教えてください。


速水もこみち(以下、速水) 料理番組をやらせていただいていますが、自分でやっていくうちに“こういうほうがもっと使いやすくなるんじゃないか”とか“こういうものがあれば調理がしやすいんじゃないか”という思いが出てきました。そういうこともあって、作ってみましょうか、という話になりました。その方が自分も楽しいですし。楽しく料理をさせていただいているので、同じ気持ちを皆さんに分かってもらいたいという気持ちもあります。そういう気持ちを込めて作らせていただきました。


WI コンセプトを教えてください。


速水 使いやすいものですね。カジュアルラインじゃないのですが、とにかく“見て楽しめて使いやすい”などの要素を調理器具としてバランスよく取り入れようと思いました。


WI これから料理を始めるビギナーズのかたにもいい商品だと思います。


速水 それもそうですし、あとはお子さんにも使ってもらいたいです。料理に興味を持つ子が増えてきているようなので、こういうことをきっかけに興味を持ってもらって、使ってもらいたいですね。


WI 速水さんが料理に興味を持ったのは、いつ頃ですか?


速水 僕は小学校低学年で、テレビで『料理の鉄人』を見て“こんなのができたらかっこいいな”って思ったのがきっかけですね。


WI どんな料理から入りましたか?


速水 カルボナーラですね。いつも、家に帰って余っている食材を見て、“いろいろ切って作って”をやっていました。


WI 余りものから! さすがです。男の人って、作るものを決めて、材料を用意する人が多いですよね。


速水 もう、僕は応用から入っていたので(笑)。だから料理に対する発想が自由なんですよね。


WI 働く女性の自炊。おすすめはありますか?


速水 朝は、車と一緒で“エンジンを掛けるのにガソリンを入れる”タイミングですから、朝食を食べないとダメです。

夕食は寝ている時に、その日1日の疲れを身体が回復させようしているので、エネルギーになるものがベストです。朝食で食べる一般的なものを、夜食べるのがいいと思います。あまり脂っこくない、蒸し物や焼き魚などシンプルなものが一番ですね。サラダもいいですが、生野菜は身体を冷やしてしまうので、次の日に影響が出てきちゃうそうなんです。かといってお肉だと、夜に食べると次の日に身体が重くなる。夕食を食べるのに一番いいのは、肉なら鶏肉、また、魚の脂は身体にいいので、そういうものを選んだり、野菜をボイルしたりするのがいいと思います。でもガッツリではなく、で。極力炭水化物も減らしてください。つい夜中に食べたくなったりしますが、我慢するとじきに慣れていきます。

ご自身が子供のころから料理をされていたからでしょうか「調理器具をお子さんにも使ってほしい」という速水さん。本当にすべての世代の皆さんに使ってほしい気持ちが伝わるお話でした。中編では、“MOCOMICHI HAYAMI”のラインナップや誰を幸せにしたいか?などをお届けします。(平山正子)

MOCOMICHI HAYAMI オフィシャルサイト http://www.mocomichihayami.jp