1. トップ
  2. ネイル
  3. マニキュアは爪が呼吸できなくなるからダメってホントなの?

マニキュアは爪が呼吸できなくなるからダメってホントなの?

  • 2016.6.2
  • 2947 views

長い間マニキュアを塗っていると爪が呼吸できなくなるからよくない。なんて話、聞いたことはありませんか!?皆様も一度くらい耳にしたことがあるであろう「爪の呼吸」に関する話ですが、そもそも爪は、本当に呼吸しているのでしょうか?マニキュアを塗ると、爪が窒息して傷んでしまうのでしょうか!?今回は、マニキュアと爪との関係について詳しく見ていきたいと思います。

そもそも爪って呼吸できるの!?

【イットネイル】「マニキュアを塗ったままにしていると、爪が呼吸できなくなる」

「ネイルは爪の呼吸を妨げるからあまり良くない」

なんて話、聞いたことはありませんか!?

この話、本当なのでしょうか?もっと言えば、爪は本当に呼吸しているのでしょうか?

結論から申し上げますと、答えはNOです。

爪はその根元部分にある「爪母」というところで作られているのですが、そこから成長して目に見える形になった爪は既に死滅している細胞であり、神経も血管も通っていません。もちろん汗腺や皮脂腺も存在しませんので、呼吸などできるわけがないのです。

爪が傷む原因はマニキュアじゃなかった!?

爪が呼吸をしていないということはわかりましたが、頻繁にマニキュアをしていると、自爪が傷んでくることがありますよね。爪の窒息が原因でないとすれば、マニキュアをすることで爪が傷む原因は一体何なのでしょうか!?実は爪を傷める最大の原因は、マニキュアではなく除光液にあります。マニキュアを落とす際に除光液を染み込ませたコットンでゴシゴシこすったり、必要以上に長い間爪を除光液に浸したりすることによって、爪が傷んでしまうのです。

つまり爪のトラブルは、ネイルアートをすることではなくむしろ、ネイルを落とす時に生じるというわけですね。

爪を傷めずマニキュアを楽しむにはどうすればいいの?

では、できるだけ爪を傷めないでマニキュアを楽しむには、どうすればいいのでしょうか。

まず大切なのは、正しいやり方でマニキュアをオフをするということです。

マニキュアを落とす際は除光液をたっぷりと染み込ませたコットンを爪に乗せ、1~2分程度放置した後で優しく拭き取りましょう。マニキュアごと浮かして動かすようなイメージでコットンを動かすと、綺麗にオフすることができます。

また爪への色素沈着等を予防したりマニキュアを落としやすくしたりするためには、カラーリングをする前にベースコートを塗っておくのが効果的です。

Itnail編集部