1. トップ
  2. 恋愛
  3. 今日、私、会社休みます。そんな日のズル休みテクニック【女子の本音】

今日、私、会社休みます。そんな日のズル休みテクニック【女子の本音】

  • 2016.5.9
  • 4158 views

連休明けの月曜日ですね。あーーー本当に働きたくない。心から会社に行きたくない……っていう時、悪魔が耳元でささやきませんか?

「休んじゃえよ」って。

ということで今回は会社を休みたいときに使えるテクニックについて20代〜40代の女子35人にアンケート!

まずはじめに、会社をズル休みをしたことがあるか聞いてみたところ……。

・ある……28人
・ない……7人

という結果に。8割の女子が経験済みのズル休み。ではみんな、どのように休んでいるのか。

今日はみんなのズル休みテクニックを大公開しちゃいます♡

■仕込みが肝心

・休みたいXデーに向けて数日前から口数を減らします。いつも元気なのでそれだけで効果抜群。疑われません。(31歳・会社員)
・2日前にトイレに頻繁に行って、前日はマスクですっぴん出社。化粧をしていないだけで特に男性は心配してくれる。(33歳・会社員)

当日急に……ではなく、計画的に念入りにズル休みするという女子多数。それはまるで手の込んだ料理のようです。なかには「半月前から遠方の親戚の病状の悪化などを世間話に織り交ぜ、急なお見舞いなど、いつでも使えるようにしておく」(27歳・経理)など、突発的に休むための種まきを欠かさないという人も。女子の計画性、まじ怖い。

 

■共犯者をつくる

・一番仲のよい同僚と共同戦線。急に休みたくなったらまずその子に連絡して、最低限の仕事のフォローを頼み、職場への口裏合わせも頼む。逆の時は自分が協力している。(25歳・会社員)

なるほど! 協力者を用意するとは賢い。説得力もあるし、仕事での迷惑も最小限。かなりスマートなズル休みといえるのではないでしょうか。これは私、心のメモ帳に書き込みました。みなさんも職場にひとり、ズル休みの友を!

 

■家族に緊急事態

・親が急に体調を崩し、病院に付き添わなければならなくなった、という嘘をつく。翌日、元気に出社しても問題ない。(29歳・会社員)
・姉や妹が病気や怪我で、小さい子ども(甥っ子、姪っ子)の面倒を見る人がいないという理由で3か月に1回は休んでます。常に小さい子がいるので、私の姉や妹はやたら子沢山な印象だと思う。(37歳・会社員)

自分の体調不良だけじゃなかった! さらに進化したズル休みの言い訳がありました。家族を理由にする場合、前日や翌日の様子から「嘘なのでは……」と怪しまれる可能性が低いのがいいですね。ただ、「知人が親の手術の付き添いを理由に休んだところ、上司がお見舞いに来てしまってバレてた」(26歳・会社員)という失敗談もあったので、やりすぎには注意です。

まだまだあります! つづいてはおなじみのテクニック。

■健気アピール

・弱々しい声で電話する。(24歳・会社員)
・駅や大きい道路などうるさいところから電話して出勤途中に体調を崩したことにする。「少し休んでから……向かいます」と言うとだいたい「そのまま帰りなさい」と言われる。(32歳・会社員)

家以外からというのは王道テクにひと工夫でいいですね! これには上司も誘導されてるとも知らずに「無理するな」と言いたくなるかも。しかしこの手は日頃からか弱くて心配になる、かわいい人や美人限定なんじゃないかと卑屈な私は思ってしまいます。

 

■とにかく具体的に伝える

・ただ「お腹が痛い」や「熱がある」などではなく、「ウィルス性胃腸炎らしいです」や「37,6度の熱があります」など病名や症状を正確に伝えるようにします。定期的にいろんな病気を理由にズル休みをして、その度に症状を調べるので、病気に詳しくなりました。(32歳・会社員)

ズル休みするのも楽じゃないんですね! なんだか休むのは休むので大変そうって思ってしまいました。

 

そして! 女子がすごいのはテクニックだけじゃない!! ズル休みをする際に気をつけていることを聞いてみると、

・計画的に休む場合はなるべく前日までに休む日の仕事まで終わらせる。(32歳・会社員)
・人に迷惑をかける日には絶対ズル休みはしない。迷惑をかけない日にする。(29歳・会社員)

というように、ほとんどの人が「迷惑をかけないようにする」という心がけをしていることがわかりました。ズル休みと矛盾している気もしますが、休みたい気持ちと人に迷惑をかけたくない気持ちは別物なんですね、きっと。

個人的に潔い! と思ったのは「迷惑をかけようと休みたい日は休む。そのかわり、逆のことをされても決して怒らない。むしろ積極的に仕事をやってあげる」(37歳・会社員)という意見。筋が通っているなと思いました。

とにもかくにも、ズル休みにはテクニックとマナーが必須。どちらを欠かしてもズル休みは成立しないなと痛感した調査結果でした。(みつ子)