1. トップ
  2. メイク
  3. いつもの眉からちょっと変身! 美人眉の作り方

いつもの眉からちょっと変身! 美人眉の作り方

  • 2014.10.5
  • 1404 views

皆さん、自分の眉毛には自信ありますか? 「前髪で隠れるからいいや」と言って、手を抜いている人も結構多いのではないでしょうか? はたまた、「アイブロウメイクは難しい」と、さじを投げている人もいるのでは? そんな人たちのために、美しいアイブロウメイクを伝授しちゃいます。眉美人はメイク美人! コレを期に、理想の眉毛を手に入れてくださいね。

■NG眉の特徴・1

NG眉毛の特徴その1は、眉尻が丸いこと! 眉尻がドスっと止まっている人は、描ききってないのに終わっているように見えてしまうので注意。適当すぎると、男性ウケも女性ウケも良くないですよ!

■NG眉の特徴・2

NG眉毛の特徴その2は、眉毛を描くときにアイブロウコンパクトの鏡を使って描くこと! 小さい鏡で描くと左右のバランスがとりにくいため、ガタガタ眉になりやすいので注意。また、前からだけでなく横から眉毛をチェックする習慣もつけて!!

■正しい眉毛の描き方・1/ペンシルを使って

普段はアイブロウパウダーだけで仕上げている人も、美しい眉を描きたいならペンシルアイブロウを使うのがベスト! 使うのは眉尻だけでOKです。描く時のコツは、なるべく眉尻に向かって細く、鋭利に描くのが◎。左右のバランスが良くない子も、ペンシルで微調整をしながら眉の形を整えていってね。 眉尻の終着点にあたるゴールデンポイントは、小鼻横~目尻を結ぶ延長線上において。トレンドはあまり眉山を作らない、スタンダードな平行眉なので、意識して仕上げてみてね。

※眉ペンシルは少し濃いめのものを使うと、しっかりとラインが描きやすいのでオススメ。普段よりもワントーン暗いものを選んでみてね。

■正しい眉の描き方・2/パウダーを上からかぶせて

続いて、眉頭から順にアイブロウパウダーを眉毛の上からかぶせていきます。色は、眉尻に向かって濃くなるように調整するのがベスト。パウダーの一番明るい色を、眉頭に。続いて、中間色を真ん中。一番暗い色を眉尻にと、3段階に分けて色をのせるとキレイな眉に仕上がりますよ。

■正しい眉の描き方・3/スクリューブラシでボカして

パウダーをのせたら、スクリューブラシを使って眉全体をなでるようにし、パウダーをぼかしましょう。これをすることで、仕上がりがよりナチュラルに。

■正しい眉の描き方・4/アイブロウマスカラで仕上げて

仕上げはアイブロウマスカラで色みを調節します。自分の髪の毛の色と、目の色の中間色が一番キレイな眉色と言われているので、雰囲気に合わせて色をチョイスして。眉全体にマスカラをのせて完成です。

■美人眉の完成

<BEFORE>

<AFTER>

美人眉の作り方いかがでしたか? ヘアメイクの弾塚凌さん曰く、「最近の子たちは眉毛をふんわりと仕上げ過ぎ!」とのこと。今の流行りは、ちょっとハッキリとした美人眉にシフトしているそう。今回紹介したメイクのように、眉尻をしっかりと描き、グラデーションをつけて眉を描けばOK。簡単に美人眉が作れるので、ぜひトライしてみてくださいね!

(モデル/目見田早弥子) (ヘアメイク/弾塚凌) (撮影/渡邊明音)

元記事を読む