1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 好きな糸を選んで、オリジナルの布を作ってみよう!吉祥寺「手織工房じょうた」でカンタン機織体験

好きな糸を選んで、オリジナルの布を作ってみよう!吉祥寺「手織工房じょうた」でカンタン機織体験

  • 2016.4.29
  • 3054 views

吉祥寺にある「手織工房じょうた」は、初心者でも気軽に機織体験ができるお店です。 じょうたの「さをり織り」は、デザインを決めて織っていく従来の方法と違って、一切決まりごとがありません。たくさんの糸の中から好きなものを選んで、感性の赴くまま自由に織っていくのが特徴です。 どんな布が織れるのか、さっそく体験してみましょう。

繊維工場の残糸をリユース。好きな糸を好きなだけ使って

吉祥寺駅から徒歩13分。東急百貨店脇の大正通りを直進した先に「手織工房じょうた」はあります。

お店の棚には2,000種類以上ものカラフルな糸がズラッと並んでいます。

繊維工場で出た本来なら捨ててしまう残糸をリユースしたものなので、高品質で種類が多く、低価格で提供できるのだそう。

時間を気にせず自由気ままに織ることができる

工房の中には全部で18台の織り機があります。

1日コースでは、3,500円+材料費で、時間を気にせず好きなだけ織ることができます。ストールサイズであれば、材料費は大体1,000円前後。計4,500円ほどでオリジナルデザインのストールを織ることができます。

月会費10,000円(材料費別)で会員になると、月に何度でも来て自由に織ることができます。コマ数が決まっている習い事と違い、気分の乗った時だけふらっと立ち寄れるのは嬉しいですね。

個人用の箱が用意されているので、織り途中でも手ぶらで帰れます。

通して踏んでトン♪の繰り返し。自分のリズムで織ってみて

さっそく「さをり織り」を体験してみましょう。

棚の中から使いたい糸を選びます。どの糸を何種類使ってもOK。糸を数本混ぜ合わせるなど、その組み合わせは無限大です。

1日体験では、経糸が織り機にあらかじめセットされているので、ヨコ糸を選ぶだけですぐに織り始めることができます。

まずはボビンに糸を巻き付けて、シャトルにセットします。

上下に分かれた経糸の間にシャトルを通して準備完了。

片足のペダルをぐっと踏み込んで、反対側までシャトルを通します。シャトルを通したらペダルを踏みかえ、手前にリードをトンと引き、ヨコ糸と経糸を組み込みます。

あとはひたすら「通して踏んでトン、通して踏んでトン」の繰り返し。心地よい軽快なリズムに時間も忘れて没頭してしまいそう。

途中で糸を変えたければ、ハサミで糸を切り、ボビンの中身を取りかえます。

自分の感覚に素直に従って、頭で考えずに心で織っていくのがポイントだとか。「ここに赤を入れたらおもしろいな」と、その瞬間に感じたままに織っていくと、自然と自分らしさが出てくるそう。

初めての人でも、ストール程度の長さなら4時間ほどで織ることができますよ。

敷居の高いイメージがある機織を気軽に体験出来る「手織工房じょうた」。もうすぐ訪れる母の日、プレゼントとして、お母さんと一緒に体験してみるのもおもしろそうですね。

元記事を読む