1. トップ
  2. ダイエット
  3. 腹筋だけじゃ「足りない」!? ポッコリ下腹を解消するための方法2つ

腹筋だけじゃ「足りない」!? ポッコリ下腹を解消するための方法2つ

  • 2016.4.28
  • 48242 views

アラサー世代の女性は「下腹がポッコリでてきてしまって……!」と悩む人が圧倒的に増えるとよく耳にします。皆さまはどうでしょうか? まるで他人ごとのようにこんなことを言っている筆者はどうなのかというと、やはりポッコリ下腹に悩む一女性であることに変わりはなく……。

通常の腹筋が“ポッコリ下腹に効果が薄い”理由とは?

パンツの上にタルンとのっかる忌まわしき腹肉。俗にいう腹筋をいくら頑張ったところで、そこへの効果が薄いその理由とはズバリ“鍛える筋肉の場所が違う”から。

実際に腹筋をして、どこに力が入っているのかをたしかめてもらえばわかると思いますが、腹筋でもっとも鍛えられるのは(お腹の)上のあたりなんです。つまり、腹筋は下腹部よりも上腹部のほうに効果的であるということ……。

もちろん、お腹全体を引き締めるときには通常の腹筋も不可欠なんですけれどね!

ポッコリ下腹の原因は“腸の活動不足”!

アラサー世代の女性を悩ませるポッコリ下腹の原因となっている理由のひとつに“腸の活動不足”があげられます。デスクワークや不規則な生活が続くと、体内リズムが崩れて腸の働きが弱くなってしまうんです。また、ストレスによって胃腸が弱っている可能性も考えられます。腸の働きが弱くなれば当然、お通じに乱れが生じますよね。それこそがあなたの下腹部をポッコリさせている諸悪の根源というわけ。

では次に、どうすれば腸を動かすことができるのかという疑問にうつっていきたいと思います。

「おしりウォーキング」で腸を動かす&筋力アップ

「おしりウォーキング」とは、クレヨンしんちゃんがよくやっている“おしりで歩く”歩き方のことです。

これがですね~。やってみると意外に難しくて……! 前に進めたとしてもうしろにはさがれなかったりするんですよ。やっている姿はマヌケですが、筆者イチオシの方法です。なぜなら腸を動かすことができるだけでなく、衰えた下腹部のあたりの筋力を再びつけることもできるから。たぶん目撃されるとかなり恥ずかしいことになると思いますので……やるときには“こっそり”で!

「下腹部に力を入れ続ける」ことで筋力アップ

仕事中でもいいですし、移動中でもかまいません。下腹部に一定の力を入れ続けることを意識的に行ってください。これはあらかじめ(ある程度の)筋肉がないとすぐにヘバってしまう行為ですが、腐らずに毎日継続すればどんどん筋力がアップしていきます。

ポッコリ下腹なんて今すぐやっつけて、春夏ファッションの幅をひろげちゃいましょ!

元記事を読む